避暑 夏バテ

夏バテは何故おこるのか

季節も夏になってくると、外は気温が熱くなったり湿度が高くなったりして過ごしにくくなってきます。冷房もガンガン効かせたりする様になり身体がだるくなったりしますよね。そうなると「夏バテ」と言う言葉も出て来るようになります。またそれに伴い夏バテ対策や避暑対策等の情報も色々と出てきます。
では、夏バテのメカニズムがどうなっているのかご存知でしょうか?
人間の体は、常に体温を一定にしようと調整する働きをしています。その体温調節の為にかなりのエネルギーが消費され、体に負担がかかる様になっています。それが真夏の高温多湿の所にいたら尚更です。
通常の場合だとその負担にも身体は耐えられるのですが、そういった状態が長く続いたり、急に負担率が高くなったりすると耐えられなくなってきます。そうなると熱を外に放出する事が出来なくなってしまい、身体がだるくなったり、食欲が弱まったり、逆に風邪をひいてしまったりするのです。
そう言った状態で、身体が限界になっている状態の事を夏バテと言う様に呼んでいます。それを避ける為に夏バテ対策や、避暑対策をする必要があります。
そんな、夏バテですが原因は「暑さが続いている」と言う事だけではありません。身体の中の水分が不足してしまったり、胃腸の働きが悪くなったり、自律神経のバランスを崩してしまったりと言う事が主な原因になっているそうです。
こう言った原因に陥らない様に、避暑地に行くとか優雅な事はいいませんが、夏バテ対策を立てる等して対処をする必要が有ります。

夏バテの原因である自律神経の失調

夏バテや避暑に関する対策を考えているのであれば、先ずはその原因となる事を知っておいた方が良いと思います。
夏バテの原因と言われている1つに「自律神経の失調」と言う事が挙げられます。気温が高くなると、身体の中で体温調節をしようと汗を出したり、血管を広げて血流を良くしたりして体温を下げようと言う働きがおきます。こう言った体温調節は自律神経が司っている物です。
しかし、体温調節を自律神経が行っている時に、急に冷房がガンガン効いた部屋に入ったとしても、その外気温の変化に急に付いていく事が出来ません。そうなると、本当は必要ないのに寒い気温の中で熱を放出してしまう事になるのです。
もちろん、そのままと言う訳ではありません。直ぐに自律神経もその事に気付いて熱を放出する事を止めるのですが、無理にコントロールする事になります。こう言った状況を1日の内に何回も繰り返して行うと、自律神経その物が疲れきってしまう事になります。
こう言った自律神経の負担が酷くなると、頭痛が起きてしまったり、食欲不振に陥ったり、めまいが起きてしまったりするのです。こう言った状況になるのは暑さだけでなく、湿度にも原因があると言われています。日本の湿度は酷いですから。
同じ暑くてもハワイや西海岸、日本だと軽井沢と言った様な避暑地的な所だと、暑くても湿度が低いですので、きちんと自律神経が働き、体温調節が上手く働くのです。
この様に、夏バテの原因には自律神経の失調と言う事が挙げられるのです。

夏バテの大敵である冷房対策

クーラー病や冷房病等は夏バテには本当に天敵です。きちんとクーラーの使い方を覚える事で避暑としての対策もでき、夏バテしない様に対策も出来ます。
日本の夏の暑さって本当に熱いですよね。そこからビルの中や電車の中等に入ったらクーラーがすごく効いていて、生き返った気分になります。でもこの寒暖差が夏バテになりやすい一番の原因とも言えます。
気温が暑いと人間の身体は体温調節をしようとします。体内の血管が緩み、汗をかいて体温調節をします。それが急にクーラーが効いた涼しい所に行ったら、今度は身体を逆に調整しなければなりません。徐々にではなく急に、それも真逆に調整なければならないので、自律神経が一生懸命働きます。それが続くと自律神経も疲れてしまう事になります。
ですから、家の中で冷房を使う時にはその差が激しくならないで、自律神経を酷使し過ぎない様に使う必要があります。冷房は外気との差を5度以内に抑える様に設定します。これが夏バテにならない秘訣で、避暑対策です。
また、女性と男性では冷房の効き方が違うと言う事もあります。女性は男性より筋肉量が少ない為に、熱量が少なくなっています。つまり男性はかなり低い温度の中でも良いのですが、女性は高めの設定の方が良いと言う事なのです。
ですから、対策としては男性の場合はクールビズ等を利用して、なるべく涼しくなる様にして、女性の場合はひざ掛けや1枚羽織る物を用意して対策をする様にしましょう。

冷房の避暑対策

夏は暑いのが当然です。でも暑過ぎるのは結構辛い物です。日本の夏は本当に暑く、軽井沢等の避暑地と比べて、東京の夏は湿度も多く、体力も奪われやすい感じがします。
この湿度が大敵なのです。湿度が高いと気温自体がそんなに高くなくても、汗は一向に引きませんし、余計かいてしまいます。また体温調節が上手い具合に出来なくなるのです。
夏の避暑対策としては、クーラーを使って涼しくすると言う事をする人が多いのですが、クーラーを使うばかりではなく、湿度自体を下げる事がとても大切なのです。大体快適な湿度と言うのは40~50%程だと言われています。
また、クーラーばかり使っていたら、身体の調子もおかしくなり、夏バテもしやすくなります。出来ればクーラーに頼らない様に色々工夫をしてみるのが良いと思います。
日本的な工夫をして、「涼」を得る様にしてクーラーを使わない生活をして、夏バテ知らずの夏にしてみてはいかがでしょうか。
以下に、クーラーを使わない避暑対策を挙げてみますので、是非参考にしてみて下さい。
・日が落ちてきて、涼しい風を少しでも感じるならば、家の窓を開けましょう。この時、風が部屋の中を通る様に、反対側の窓も開けるようにしましょう。
・風鈴をつけたり、ゴザを敷いたりして、昔ながらの夏風情を楽しんでみましょう。
・アスファルトが暑いなら、打ち水をして涼しい空気にしましょう。
・おしぼりを冷蔵庫に入れておいて、暑いときは首筋に巻くなどしてみましょう。

夏バテをしない為に水分補給をしよう

夏バテをしない為の避暑対策として、何をしたら良いと思いますか?
夏は暑い日が多いです。その為、ちょっと歩くだけでも汗をたくさんかいてしまいます。夏の暑い日に、ちょっと外で軽い仕事をしているだけでも、2~3リットルは汗をかいてしまうと言う様に言われています。
と言う事は、夏は体内の水分が外にたくさん出る事になります。ですから体外にたくさん出てしまった分、水分をたくさん補給してあげる必要があるのです。普段あまり水分を取らないと言う人でも、水を飲む様に出来るだけ心がけるだけで、夏バテ予防になりますし、避暑としての対策にもなります。水分を取らないと、下痢になってしまったり、むくんでしまったり、血液が滞ってしまったりしますので、夏バテや体調不良の原因にもなってしまいます。
こう書いてしまうと、水分をとにかく補給しようと、冷たい飲み物をたくさん飲む人も多くなると思います。夏は暑いから冷たい物が欲しくなるのは当然だと思います。しかし冷たい飲み物ばかり飲んでいると、胃腸が冷えてしまって、胃腸の調子が疲れてきてしまい、夏バテ状態になってしまいます。冷たい飲み物を飲むなとは言いませんが、出来れば暖かい飲み物を飲む事をお勧めします。
また、お年寄りの方は脱水症状を起こしやすくなります。これは感覚が鈍くなってしまう事と関係が有ります。出来れば定期的に水分を補給する様にする等、習慣付ける様にしてみてはいかがでしょうか。

夏バテ予防の為の水分

夏バテ予防の為、避暑対策の為に水分を補給する様にするのが良いと言われていますが、水分だったら何でも飲んで良いと言う訳ではありません。
暑いと喉が乾いてしまいます。暑い外で飲むのだとどうしても、冷たいジュースを飲んだり、時間が遅いとビールを飲んだりしてしまいたくなると思います。
これは余り良い事ではありません。例えば、ジュースの場合にはがぶ飲みをすると、甘い物を飲むので更に喉が渇いてしまいます。そうなるとまたジュースを飲む事になります。この堂々巡りになってしまうと、糖分ばかり摂取してしまい、太ってしまう原因になってしまいます。夏バテを予防する為に水分を摂ろうとしているのであれば、ジュースではなくて、お水を飲むかお茶を飲む様にしましょう。
また、夏になると楽しみの一つがビールです。家に帰ってきてビールに枝豆で晩酌とか、外のビアガーデンでビールとか、とても楽しいし、避暑対策にビール飲んで涼もうとか考えている人もいるかもしれません。
しかし、アルコールの中に入っている水分は、体内に吸収はされないで、逆にアルコールを分解する為に体内にある水分を取りこんでしまいます。ですから、飲んだビールが500mlであればその1.5倍の水分が尿として排出される事になり、逆に水分を身体から奪ってしまう形になります。
ですから、水分を取った方が良いからと言ってアルコールやジュース等を摂取していては、逆効果になってしまう可能性があると言う事なので、冷たい飲み物であったら水やお茶等を飲む様にしましょう。

避暑対策としての寝室の作り方

夏バテを簡単に言うと、暑いから体温が奪われてしまって体調を崩してしまうと言う事です。これを避ける為に避暑対策をしたり、避暑地に逃げてしまったりする人もいますが、避暑地に逃げるのには、お金が無かったり時間がなかったりしますよね。
ここで、夏バテで失ってしまった体力を回復させる方法として、一番良いのが「睡眠」だと思いますが、睡眠をする場所の寝室が暑くて不快な場所だと意味が有りません。
この事からお家でも出来る避暑対策として、寝室を寝やすくて快適な温度にする事が大切になってくるのです。
寝室を寝やすくする為には、どうしてもクーラーが必要と思ってしまいますが、眠る前は体温が高くても睡眠中は体温が下がってしまいます。その状態でクーラーが付いていると、逆に寒くて眠れなくなるし、体調も壊してしまいます。
避暑対策として、眠る前に少し部屋を冷やしておくと良いかもしれません。それで眠る時に、クーラーを消すとか、クーラーが30分とか1時間後に切れる様にタイマー設定をします。出来れば室温は28度位になる様に設定しましょう。
これだけではいけません。クーラーを付けて眠る時の注意点があります。それはクーラーの風を身体に当てない事です。クーラーの風は冷たいですので、身体の表面の温度が下がってしまいます。そうなると身体は一生懸命体温を一定に保とうとして自律神経がフル活動で働いてしまう事になります。そうなると、逆に疲れてしまいますので、タイマーを使う際にはクーラーの風を身体に当てない様にして眠りましょう。

睡眠時の避暑対策

夏、眠る時に大切なのは、避暑地的な状況を作ってあげる事だと思います。クーラーを使うのも良いのですが、それ以外の方法も使ってなるべく涼しい環境を作ってあげる事が、熱帯夜でも身体を冷やす事無く、熟睡できると思いますし、夏バテの予防にも繋がります。
先ずは寝室の除湿をする事から始めましょう。湿度が下がる事によって、温度が高めでも涼しく感じられます。ですからクーラーの場合はドライを選択すると良いと思います。またドライでも除湿だけでなく、温度まで下げるタイプの物だったら、寒さ対策をして眠る様にしましょう。
次に自分の身体を温めると言う事が熟睡のコツだと思います。暑くて汗をかいてと言う不快な温かさにするのではなく、気持ちいい温かさにすると言う事です。そうすると寝付きも良くなるのですが、その為には眠る前に入浴をするのが良いと言われています。適度に身体を温める事でぐっすりと眠る事が出来ます。この時に熱過ぎるお湯ではなく、半身浴等で身体を温める程度にする事が良いと思います。
また、布団に身体を密着させない様にして眠ると、体感温度が下がる為に眠りやすくなります。難しい様に感じますが、竹シーツなど納涼に使う様な睡眠グッズがありますので、こう言った物を使うと良いでしょう。竹の上で眠るなんて、何となく避暑地っぽい気分に浸れるかもしれません。
この様に熟睡できる様にすると、夏バテ知らずの夏を送れるようになりますので、是非実践してみて下さい。

お金をかけないで暑さ対策をしよう

夏の暑い日、外出をして家に帰ってきて、ドアを開けると部屋の中にこもっていた熱気がお出迎えしてくれます。それだけで疲れが倍増した様な気になりますよね。疲れて帰ってきて家の中でまた汗をかくのも不快だと思って、思わずエアコンを入れてしまうのも分かります。
しかし、熱気が家の中にある状態でエアコンを付けたら、その空気を冷やすだけでも時間がかかりますし、電気代もかかってしまう事になります。また、外の暑さと家のエアコンの寒さで体調を崩してしまって、夏バテになってしまう可能性もあります。
そこで、お金をかけないで、かつ夏バテも予防出来て、かつ家の避暑対策が出来る様な工夫をしてみましょう。
先ず夏の暑い日は、窓を閉めていると外の気温より、家の中の気温の方が高くなる事が多いです。そこで、その温まった空気を一度外に逃がす為に、家に帰ったらエアコンを付ける前に空気の入れ替えをしましょう。それだけでも充分に部屋の中の空気を下げる事が出来ますし、それでも暑い場合はそれからエアコンを点ける様にすると、電気代の節約にもなります。また外の風が入ってくると気持ち良くて、避暑地にいる様な感覚に襲われるかもしれません。
次にお金をかけないで出来る暑さ対策としては、扇風機や換気扇を最大限に利用する事です。少し田舎に住んでいるのであればともかく、都会に住んでいると夏に窓を開けても、なかなか風が入ってくると言う事が少ないと思います。そこで、外からの空気を扇風機を利用して回す様にすると、家の中の空気が外に出ていくし、外からの空気が家の中に入ってくる様になります。また、台所は火を使いますので熱がこもりやすいです。それも換気扇を使う様にすると空気が回りますので、暑さ対策になります。

夏バテは夏の時期に起こる体調不良

ここ最近、「地球温暖化」と言う言葉を頻繁に聞く様になってきていると思います。日本だけに限らず、世界中で気温が少しずつではありますが、上昇していて様々な異常気象をもたらしている現実が有ります。
特に日本の梅雨は気温も高く、湿度も高い為、ジメジメとしている感じがして、いつでも暑くて汗をかいている様な感じですし、食中毒等も起きやすい時期だと言われています。
また、真夏日が続くと気温が30度を超える事は当たり前で、35度以上と言う事も多々ある様になってきました。数字を見るだけでドッと疲れが出て来るような感じになります。そう言った状況が続く様になると、食欲が衰えてきてしまったり、冷たい物ばかり口にするようになったりします。その状態からくる体調不良の事を、夏バテと言う様に呼んでいます。そうなると、どうにか暑さから逃げようと考えて避暑対策を色々考える様になると思うのです。
現代人にとって、夏バテもストレスの一つと言う様にみなされています。日本の夏は軽井沢の避暑地みたいに、カラッとした暑さの所ばかりではありません。高温多湿で熱帯地方にいるのと大して変わりはないのです。人間の身体と言う物は、湿度や気温が高くなると、身体が暑くなって汗をかきます。そして体温を一定に保とうと自律神経が働くようになるのですが、暑くなったり寒くなったり、急激な温度の変化ばかり繰り返していると、自律神経の働きが低下してきます。そうなると倦怠感を感じてしまったり、食欲不振になったり、睡眠不足になってしまったりするのです。また、そうした事がイライラする事にも繋がります。この様な症状の事を夏バテと言う様に呼んでいるのです。

お風呂で夏バテ対策

夏になると夏バテに悩む人も多くなると思います。その都度、避暑地等に行っていたら、いくらお金があっても足りません。そこで簡単にできる夏バテ対策としてお風呂を使った対策方法をご紹介したいと思います。
夏は暑いので汗をかくのが当然だと思いますが、シャワーを浴びる事が出来る環境にいると、つい1日に何回もシャワーを浴びたりして、さっぱりとした気分を味わう事があると思います。
夏バテ対策として考えるならば、シャワーを浴びるよりも、1日の疲れを落とす為に、夜寝る前に湯船にしっかりと浸かる方が良いと思うのです。この時熱いお湯に浸かると逆に疲れてしまうので、比較的低めのお湯にしてゆっくりと浸かる様にすると、気分もさっぱりしますし、疲れも落としてくれますし、お風呂から上がって風を通した部屋に行くと、まるで避暑地にいるかの様な気分が味わえます。
また、外で感じてきたストレスを落とす為にも、お風呂に入浴剤を入れて香りを楽しむのもいいと思います。
更に、お湯を溜めると水道代がかかってしまう様なイメージが有りますが、逆にシャワーをずっと出しっ放しにしている方が、ガス代や水道代がかかってしまうと言う事も認識しておきましょう。半身浴程度ならお湯を溜める方がお得な場合もあるのです。
お風呂は1日の疲れを落とす効果もありますし、気分をリフレッシュできる効果もあります。また風水的には1日の悪い気を洗い流すと言う意味合いもあります。
夏バテ対策としてのお風呂が、色んな意味を持つお風呂になりますので、是非お風呂は湯船に入るようにしましょう。

夏バテの解消法をビタミンBの摂取で行おう

夏はどうしても冷房や暑さで体調不良になってしまう場合が多いと思います。その為に避暑対策をする人も多いでしょう。
ここでは暑さをやり過ごす為の避暑対策と言う訳では無く、食事バランスによる夏バテ対策の事を挙げてみたいと思います。
夏バテになってしまうと食欲不振になってしまうケースが多いと思います。夏バテを解消する為には、しっかりと食事をする事、出来ればバランスが良い食生活を送る事が大切になると思うのです。
バランスが良い食生活を心がけて、暑い夏を乗り切ると言う気持ちを持つ事が大切ですし、暴飲暴食もしない様に心がける事が大切です。
夏バテになってしまう原因には栄養不足、栄養のバランスが偏っていると言う事が原因として挙げられます。その内ビタミンB群が不足してしまうと夏バテになりやすいと言われています。
夏バテの症状は主に、身体のだるさ、食欲不振、疲れ等がありますが、こう言った症状は自律神経のバランスが崩れてしまう事により起こります。また夏バテの症状の内「疲れ」の原因としては、体内に溜まっている老廃物が排出されない事、エネルギーが不足している事が挙げられます。これを解消する為には、ビタミンB群を摂取して、疲労物質を体内に溜めこまない様にする事が大切になります。
ビタミンB群を摂取する為には、うなぎや豚肉、大豆、ほうれん草、ゴマ等を食べる様にしましょう。またビタミンB群の吸収を助ける為に、玉ねぎやにんにく等も一緒に摂取するとより効果的です。

夏バテをしない身体作りをしよう

夏バテをしない為には、夏バテ対策とか予防とか、避暑対策とかと言うのではなく、夏バテをしない身体を作る事が大切だと思います。
夏バテで体調を壊す事無く、心身共に健康で過ごす為に必要な事は、「睡眠をきちんととる事」「栄養をバランスよく摂る事」「運動を適度にする事」が基本的に大切な事になります。
運動で身体作りをするのであれば、ウォーキングをする事が良いと思います。但し、夏場は日差しが強いですので、出来るだけ涼しい時間帯である、早朝が良い時間帯だと思います。早朝にウォーキングする事によって、夏バテ予防だけでなく、ダイエット効果も期待できますし、運動をした事で身体もスッキリ目覚めますので、1日を長く過ごせて充実した日を送る事が出来ます。
また、身体を作る為には避暑対策もきっちりと行っておく必要が有ります。暑いのに無理して外で運動をしようとすると、却って体調を悪くしてしまいがちです。その為にも避暑対策として夏場に運動をする時には、飲み物を持っていくとか、暑くなった身体を覚ます為に濡れたタオルを持っていくとかした方が良いと思います。
飲み物は、麦茶が良いと言われています。麦茶には身体の血行を良くする働きがある為、とてもお勧めの飲み物です。
また、夏バテをしない身体作りをするには、規則正しい生活をする事ですから、きっちりと熟睡できる様な環境を整える事も大切です。また食生活もバランスよく取って偏った栄養にならない様にしましょう。

夏バテ予防には食べる事が大切

夏バテと言う言葉を知っている人は多いでしょうが、正式名称は「慢性熱中症」と言う様に呼ばれています。
この症状は夏特有の症状になるのですが、原因としては外の気温が余りにも高温である事、汗を大量にかいてしまう事、胃腸の働きが弱まってしまう事等が原因になって起きる症状で、主な症状としては、寝付きが悪くなって睡眠不足になってしまったり、胃腸の働きが弱まってしまうので食欲不振になってしまったりと言う事が挙げられます。その結果「慢性疲労」と言う形で夏バテと言う症状がおきてしまいます。
日本の夏は独特の暑さで、高温多湿、地球温暖化、都心部によるヒートアイランド現象等があって、外の気温の高さは物凄い事になっています。その暑さを求めて、夏休み等は避暑地に出掛ける人も少なくはありません。避暑地に行きますと湿度が無い分、体感温度も低く感じられますので、夏バテになる人も少なくなります。
ただ、そう言った避暑地に行っている人ばかりではありません。高温多湿の中で暮らしている人も大勢います。暑いと汗をかきます。その汗の中には体内に蓄積されなくてはならないはずの、ビタミン類、ミネラル類が一緒に排出されてしまいます。これらの栄養を失うと、疲れやすくなり身体がだるくなってしまうのです。それを補う為には食生活で補う方法を取るのが一番です。
夏バテに良い栄養素は、ビタミンB群だと言います。ビタミンB群を中心にバランスよく食生活を取る事で、疲れにくくなります。
また、夏バテをしていて食べる元気が無いと言う場合には、麺類なんかがお勧めです。素麺や冷麦なんかは、食欲が無くても比較的食べやすい食事です。先ずはしっかり食べる事が何よりも基本になります。

夏バテに効果がある豚肉を使ったレシピ

夏になると心配なのが、夏バテではないでしょうか。夏バテには色々な予防法、避暑対策があります。その中でも食事に関する事ですが、夏バテになってしまうと食べる欲求も下がってしまいます。出来るだけ夏バテが予防できる様に、しっかり食べる様にしなくてはなりません。
ここでは夏バテに効果があると言われている「豚肉」を使ったレシピをご紹介します。料理を作って、避暑対策を行った涼しくて快適な部屋で食べてみてはいかがでしょうか。
「豚肉」にはビタミンが多く含まれている為、夏バテ対策の食材として適切であると言えます。また一緒にレモンを合わせる事によって、疲労回復効果も期待できます。
【豚肉+もやしのレモンソース和え】
≪材料≫(4人分)
・豚肉(バラまたは細切れ) 300g
・もやし 1袋
・その他お好きな野菜
・レモン汁(市販または生レモンを絞った物) 70cc
・めんつゆ 50cc
・砂糖・塩コショウ・醤油・にんにく・鷹の爪(分量はレシピ中に記載)
≪作り方≫
・ソース作り
1.レモン汁、めんつゆ、醤油大さじ1、砂糖大さじ2、にんにく少々、鷹の爪1~2本を刻み、全て良く混ぜ合わせてソースの完成です。
・作り方
1.もやしを沸騰したお湯で茹で、柔らかくなったら水気を切り、冷水で冷まします。
2.もやしが冷めたら水気を良く切り、ソースに入れて絡めます。
3.豚肉に塩コショウをしてしばらく置き、フライパンで表面がカリッとなるまで炒めます。
4.豚肉を炒めたら、2のもやし入りレモンソースに入れて混ぜ合わせます。
5.レタスやトマト、アスパラ等、野菜を敷いたお皿に4を盛り付けて料理の完成です。

夏バテに効果があるキムチを使ったレシピ

夏こそ食欲を出して、暑さに負けず、夏バテをしない身体づくりをしなくてはなりませんし、家や職場でも避暑対策を合わせて、しっかりと行う必要が有ります。その為にはしっかりと食事を取る事が大切になります。
そこで、夏バテを予防する為に効果がある食べ物として「キムチ」が有ります。キムチは整腸作用が有りますので、夏の弱った胃腸を整えてくれる素晴らしい食材です。またキムチは食欲増進効果がありますので、夏でもしっかり食べる事が出来ます。避暑対策・夏バテ予防として「キムチ」を使った料理をしましょう。
【タコキムチ】
≪材料≫(4人分)
・タコ 1パック
・キムチ 40~50g
・きゅうり 2本
・酢(少々)
・めんつゆ(少々)
・市販のキムチの素
≪作り方≫
・先ずタレを作ります。キムチの素を少々、めんつゆ、酢を混ぜ合わせます。
・きゅうりとタコは1センチ幅に切り、キムチは食べやすい大きさに切ります。
・タレと、切った材料を混ぜ合わせて出来あがりです。
ここで使われた材料にはキムチの他に、タコやキュウリが有ります。タコは体内の血液の中に含まれているコレステロールを排出してくれる働きがある為、疲労回復する効果があります。また、暑さを凌ぐ避暑対策とまではいきませんが、キムチの様な辛い物を食べると逆に暑さも吹き飛んでしまう様な感じがします。
夏バテ予防効果がある、食材を使って料理をする事で体力も落ちずに、暑い夏を乗り切る事が出来ます。他にもキムチを加工しないで食べても効果があります。

エアコンを使わない避暑対策

夏はエアコンを使ったり、外の暑い空気に触れたり、それを交互に繰り返す事によって夏バテになる可能性が有ります。夏バテにならない為にも、出来ればエアコンに頼らない様な生活をして、かつ暑さも凌げる事が出来たら良いのではないかと思います。そこで、エアコンを使わないで生活する避暑対策をご紹介したいと思いますので参考にしてみて下さい。
先ずは自分が普段家の中で来ている服を考えてみましょう。厚手の服を着ていないでしょうか。クーラーを寒い位に点けて、家の中にいて長袖で過ごすのが良いと感じている人もいるでしょう。しかし昔の夏良く見た光景から考えてみても、避暑地で暮らす別荘にいる人達の光景を考えてみても、基本的には薄着でいる事が良いと思うのです。素材が麻等の通気性が良い服を着る事で、爽やかに吹く風の涼しさをひとしお感じて頂けるのではないでしょうか。
暑さを感じるのは首元や、わきの下、手の平等だと思います。そう言った暑さを感じる場所を冷やす事で、暑さを凌ぐ事が出来ます。そこで重宝するのが、色んな物に付いてくる事が多い「保冷剤」です。保冷剤を凍らせておいて、それをタオルに巻き、首に巻いておくだけで、クーラーを入れなくても充分に涼しく過ごす事が出来ます。こう言った事は、外出時にも使う事が出来まして、スカーフなんかに巻いて出掛けると涼しくて良いと思います。
また、暑くなって汗をかいたら放っておかずに、シャワーを小まめに浴びる事もさっぱりするのでお勧めです。

家のインテリアを変えて避暑対策

夏場はとにかく暑くて暑くて、体調もだるくなってしまい夏バテになる人も多いでしょう。夏バテの状態で家にいても、余計にだるくなってしまうだけかもしれません。それならば、家のインテリアをいつもと変えて、避暑対策として涼しげな演出をしてみてはいかがでしょうか。避暑地を思い出させる様なインテリアにするだけで、夏バテも解消するかもしれません。
先ずは、すだれを使ってみましょう。すだれは見ているだけでも涼しいと感じるアイテムですし、このすだれを窓際に吊るす様にします。これだけで窓からの直射日光を防ぐ事が出来ますので、部屋の温度が上昇するのを防ぐ事が出来るようになります。また雨戸がある場合には、雨戸を閉めてエアコンを点けると冷房効率も良くなります。
次に部屋の色を清涼感があるブルー系にしてみると言う方法があります。カーテンを水色にしたり、部屋に観葉植物など緑を置いたりすると、視覚から清涼感を感じる事が出来ます。同じカーテンでも、赤いカーテンと青いカーテンだと体感温度が3度も違うと言われています。ですから、部屋の中をブルー系にしてみて涼しさを演出してみるのも方法の1つです。
また、今ではあまり聞かなくなりましたが、風鈴を吊るしてみるのはいかがでしょうか。風鈴の音色と言うのは脳内にα波を発生させますので、身体をリラックス状態にしてくれます。
この様に避暑対策を行う事により、暑さも凌げますが、夏バテ予防にも効果がありますので是非試してみて下さい。

夏バテ予防は食事が決め手

日本では梅雨が明けると夏本番になります。特に日本の夏は高温多湿の為、黙っていても汗をかいてしまう程暑いです。不快な汗をかくだけで疲れてしまう事も多いでしょう。避暑対策を行っても、避暑効果が得られずイライラする場合も多いと思います。
また、こうなってくると眠れない日々も多くなり、睡眠不足になってしまったり、食欲不振に陥ってしまったり、いわゆる夏バテ状態になってしまいます。ですから夏バテには予防をする事が大切となるのです。
夏バテを予防する為には食事をきちんと取る事が大切です。暑い時期は体力の消耗が激しくなり、胃腸の調子も悪くなってきます。そうなると暑いからと言って冷たい飲み物をたくさん飲んだりとか、冷たい食べ物をたくさん食べたりとか、あっさりした物でご飯を済ませようとかしてしまいます。こうなってくると、栄養もきちんと取れない為に余計体調を悪くしてしまいかねません。
特に夏バテで大事なのは朝食をしっかりと摂る事です。朝食は1日の源です。身体のバランスを整える為に必要不可欠です。ですから朝食は出来るだけ食べた方が良いのです。
また、食事は主食の他にも、魚や肉、卵、大豆製品と言った様にバランスよく毎日食べる事が良いのですが、暑くなると体内のビタミンB群の消耗が激しくなりますので、ビタミンB群が多く含まれた食事をする様に心がける事が大切です。更にビタミンCを含む野菜、果物も一緒に摂取出来るとより夏バテ予防に効果的です。

食欲を出させる料理方法

夏の暑さはかなり人間の身体に負担をかけます。その代表的な症状が「夏バテ」です。避暑対策を行っても、なかなか上手く避暑対策が行えないのも事実です。夏バテになると、食欲が減退してしまい、更に体調を悪くしてしまいがちです。
そこで、夏バテによって食欲が減退しているのであれば、その食欲を増進させるように、料理の仕方を工夫してみるコツがあります。
【お酢を使った料理】
酢の物や酢豚等、お酢を使った料理は、さっぱりしている上に、香りが食欲をそそります。お寿司なんかもいいですし、お酢じゃなくてもレモンの搾り汁でも良いです。また、鶏肉をお酢と醤油、砂糖で煮込んだ料理なんかはさっぱりしていて良いと思います。
【身体を温める料理】
夏だからこそ身体を冷やし過ぎず、温める様な料理を作りましょう。例えばスープや煮物、お味噌汁なんかが良いと思います。
【香辛料を使った料理】
香辛料には、胃液を分泌させる効果があります。胃液が分泌される事により、食欲が増進されます。また同じ様な効果には、香味野菜を使った料理も有効です。
例えば、にんにくや唐辛子、カレー粉と言った香辛料、みょうが、シソ、ネギと言った香味野菜があります。
【塩辛い料理を食べる】
漬物、塩辛、梅干しなど、塩辛い食べ物も食欲が出ますので、夏バテ予防には最適です。但し摂りすぎると塩分を多く摂取する事になりますので、注意しましょう。
まだまだ料理に関する夏バテ予防方法はありますが、料理方法だけではなく、合わせて規則正しい生活が出来る様にも心がける様にしましょう。

夏バテしやすい体質

夏バテと言う症状は、誰でも起こす可能性がありますが、夏バテになりやすい体質と言うのがあるのです。
夏バテになりやすい体質の人と言うのは、先ず身体が基本的に弱い人、胃腸の調子が悪い人、神経質な人、自律神経が弱っている人等がなりやすいと言われています。
だからと言って、上記の人以外の人が夏バテにならないと言う訳ではありません。そうならない為にも食生活をバランス良くする事が大切になります。また水分補給は必ず行う様にする事も忘れないでください。
また、食生活だけではなくて、生活環境にも気を点ける事が必要です。暑さ対策として自分の家を避暑地の様な環境に出来ればいいのですが、そうは簡単に出来ませんので、簡単に出来る所から避暑対策を行っていきましょう。
先ずは、家の中に溜まっている熱気を外に放出する為にも、定期的に窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。また窓の外にすだれ等を吊るして、清涼感を感じるのも古風な感じで良いでしょう。また同じ古風ならば風鈴を吊るして音を楽しむのも良いですね。
また、夏バテをするとイライラもしますし、身体もだるいですので、リラックスする為にもアロマオイルで芳香浴をするのもお勧めです。そうする事で自律神経のバランスを整える事ができ、夏バテしやすい体質の人にも効果が期待できます。
夏バテをしやすい人の対処方法は、体質によって色々ありますので、自分に合った方法を見つけ出し、活用してみてはいかがでしょうか。

猫の夏バテ

夏バテと言うと、人間だけがなる物だと思っていないでしょうか。実は動物にも夏バテと言う症状があるのです。
特にお家で猫を飼っている方は注意が必要かもしれません。最近は猫を外に放さずに、家の中で飼っているお宅が多いと思います。ペットを飼っているお宅で、家の人が家を空ける時間が多いお宅の場合は、夏になるとクーラーを付けっ放しにして出掛ける様にして、家の中の避暑対策を行って、ペットが過ごしやすい様な環境を作ってあげていると思います。
本来猫は体温調節を自分でする事が出来ます。暑いなら暑いなりに何とか出来るのが本来の姿ですが、室内で飼われている猫は、体温調節する場所が無い為に出来なくなってしまいます。そこで、家の避暑対策としてクーラーだけではなく、窓を開ける等、風通しを良くしてあげて猫が快適に暮らせるようにしてあげる事が必要になります。
猫の為に、換気を小まめにする事、1日1回は風通しを良くする事を心がけましょう。
また、暑いからと言って猫に与える水分をスポーツドリンクなど、糖分が含まれている飲み物を与えない様に注意してください。動物も肥満になってしまうと病気しやすくなりますし、下痢も起こしやすくなります。出来れば常温のお水をあげるようにしましょう。
それでも猫が夏バテしている様な感じであれば、肉球を冷やしてあげましょう。人間の手の平を冷たくすると涼しさを感じます。それと同じ様な効果を猫にも感じさせてあげましょう。

犬の夏バテ

実は犬にも夏バテがあるってご存知でしたでしょうか。「犬は喜び庭駆け回り」と言う童謡でも分かる様に、犬は寒いのには強いのですが、暑いのには弱いのです。ですから、犬を飼っている所では、夏バテに注意しなくてはなりません。
よく夏に避暑地で散歩している犬を見かけたりしますが、避暑地は暑いですが湿度が無い為に、暑さを厳しく感じる事が無いので夏バテもしにくいと思います。
しかし、都会ではアスファルトが多いです。夏の熱がアスファルトに吸収され、かなり暑くなっている所で、犬に散歩をさせている事になりますので、夏バテしてしまうきっかけになってしまいます。
とは言っても、散歩させない訳にはいきませんし、かと言って、歩く場所もアスファルトの部分しかないと言う人も多いでしょうそこで、対処方法としては夏の暑い日には涼しい時間帯を狙って散歩する事が良いと思います。例えば、朝や夕方と言った時間帯がアスファルトも熱が無くて涼しくなっているので良いでしょう。
犬でも皆が皆夏バテになる訳ではありません。比較的年を取った犬、肥満型の犬等が夏バテになりやすいと言われています。暑い夏の日に犬が体調悪そうだなと思ったら、夏バテだと思っても良いと思いますが、対策の為にはインターネットサイトで調べるとか、行きつけの獣医師に相談をしてみて、対処してみるのが一番いいのではないかと思います。
ちなみに、湿度が60%を超えたら犬は熱中症にかかりやすくなると言います。人間より弱いので、飼い主は常日頃、注意深く見るようにしましょう。

夏バテ防止にツボ押し

夏は身体を壊しやすい時期でもあります。ゆっくり避暑地等で過ごしたいと思っても、仕事も忙しく、そう出来ないのが現実でしょう。また家で避暑対策を行って夏バテ防止に努めるのも良いと思います。
そこで、家で簡単にできる夏バテ防止の方法をご紹介します。
それが「ツボ押し」です。ツボは身体の色んな所に効果を発揮すると言われています。そこを刺激する事で、体調の回復にも繋がります。
【勇泉】
足の裏に勇泉(ゆうせん)と言うツボが有ります。ここは元気が無く、体調がだるいと感じている時に効果があるツボです。場所は、足裏に1本線を縦に引いてみます。指の付け根と踵の部分を3分割し、1/3指よりの部分になります。簡単に見つけるならば足の指を曲げてみて、くぼみがある所が勇泉です。
勇泉をペンの先で押したり、人差し指の第2関節を使って押したりしてみて下さい。痛みを感じると思います。これを毎日適度に刺激し続ける事で効果が表れてきます。
【足三里】
足のスネの部分に足三里(あしさんり)と言うツボが有ります。ここは身体の免疫力を高める効果があります。場所は、足の膝の下側にくぼみがあります。その外側のくぼみから指4本分下の所にある場所が足三里です。調度小指の下の部分だと思って頂ければ良いと思います。身体がだるかったり、疲れたりしていると、その部分を押すと痛みを感じます。2~3分程痛みを感じながら刺激してあげましょう。続けていく内に身体が軽くなったような感じを実感できます。

夏バテにサプリメント

夏の暑さと、冷房の寒さ、交互に繰り返していると体調も壊してしまって、夏バテの症状が出て来るようになります。避暑対策を行えればいいのですが、毎日仕事に行かなくてはいけない人にとって、なかなか出来ないのが避暑対策です。
夏バテをしたら栄養素を摂取して、夏バテを回復する事が大切です。夏バテに効果がある栄養素は、ビタミンB群・クエン酸・ナイアシン等と言われています。こう言った栄養素は通常の食事から摂る事が出来ると良いのですが、実際に夏バテになってしまうと、なかなか食事が受け付けられなくなってきます。
そう言った時に、上手く利用したいのが「サプリメント」です。サプリメントは薬ではありません。食品になります。また最近では天然成分のみで作られているサプリメントもありますので、サプリメントに抵抗が有る人でも、安心して摂取して頂く事が出来ます。
とは言っても、サプリメントだけを摂取していれば大丈夫と言う訳ではありません。基本的には食事から摂って頂きたいので、あくまでもサポート的感覚で摂取する様にしましょう。
サプリメントを購入するとして、お勧めなのが「マルチビタミン」です。ビタミンB群、ビタミンC等、夏バテに必要な栄養素が一度に摂取出来ます。毎日の食事では必要な栄養素を全部摂取する事は難しいです。そんな時にマルチビタミンで足りない栄養素を補って下さい。
薬局に行くと、サプリメントだけでも色んな種類が売っているので、迷ってしまうと思いますが、夏バテに必要な栄養素を頭に入れ、それが入っているサプリメントを購入する事、自分に合ったサプリメントを選ぶ事が大切になります。

夏バテ対策には質の良い睡眠

夏は熱帯夜になる事も多く、寝苦しい夜が続いてしまって、寝不足になってしまう事も多々あります。そんな状況が続いてしまうと、体調も崩してしまいがちで、夏バテを引き起こしてしまう可能性が出てきます。
そこで、眠る時に避暑対策を行う事で、質の良い睡眠を取る事が可能になります。そうすると夏バテ予防にもなりますし、起きたら頭もすっきりする事でしょう。
では、寝室の避暑対策には何をすればいいと思うでしょうか。エアコンをつけて眠る事でしょうか。エアコンをつけっ放しにして寝てしまうと、電気代もかかってしまいますし、体調も崩してしまいます。
そこで、快眠グッズとして注目されているのが、冷たいシートです。通常、アイスノン見たいな感じの物だと、冷蔵庫で冷やして使うのですが、これだと時間が経つと冷たさが無くなってしまいます。
最近の冷たいシートは、中にジェルが入っていて、このジェルによって冷たさをいつでも感じて貰う事が出来るのです。また冷蔵庫で冷やす必要がありませんので、シーツやベッドを汚すことなく、ひんやりとした感じを味わう事が出来ます。
これにより、体感温度が2度は下がると言われていますので、寝苦しい夜なんかにはとても重宝するグッズだと思います。
また、こう言ったグッズを使う事で、電気代の節約にも繋がります。もし、クーラーをつけて眠った場合、1晩50円位かかるとします。それだけで1カ月1500円にもなってしまいます。これが2カ月、3カ月と続いた場合、電気代もバカにならなくなります。
それが、このグッズを使う事で0円になりますので、是非こう言ったグッズを使って、快適な睡眠を得て下さい。

夏バテの症状

夏も本番になってくると、感じて来るのが夏バテです。夏バテになってしまうと、様々な対策をしようと試みます。しかし、避暑対策そのものもしなくては、その症状も繰り返してしまう事になるかもしれません。夏バテを治そうと思ったら、夏バテ予防だけではなく、避暑対策も同時に行う様にしましょう。
夏バテになると、自律神経のバランスを崩してしまいます。自律神経は全身の色んな所に影響を及ぼしますので、心身共に不調になってしまう事になります。主に挙げられる夏バテの症状としては以下の事が挙げられます。
・全身に疲労感や倦怠感を感じる様になります。
・身体がだるくて動きたくなくなります。
・何もする気になれなくて、無気力になります。
・身体が常に熱を持っている様な感じになります。
・食欲が減退して、バランス良く食事を取れなくなります。
・精神的にもイライラしてしまいがちです。
・足や顔等、むくむ症状が出てきます。
・栄養も偏ってしまうので、ふらついたり、立ちくらみをしたりしてしまいます。
・水分をたくさん逆に摂りすぎて、下痢になってしまったり、便秘になってしまったりします。
まだありますが、主な症状としてはこう言った所です。また同じ環境でも、夏バテになりやすい人、なりにくい人がいます。元々自律神経のバランスが上手く言っていない人、身体が弱い人、胃腸の調子がすぐれない人は夏バテになりやすくなっていますので、注意が必要です。
また、小さいお子さんがいるご家庭では、自分で症状を訴えられませんので、体調の変化に気をつけてあげて下さい。

夏バテと勘違いしやすい病気

夏は暑いです。避暑対策をして家の中の暑さを工夫する事も大切になります。避暑対策にも色々ありますので、インターネットや雑誌等で調べてみましょう。
夏バテになってしまうと、身体がだるくなってしまったり、倦怠感を感じてしまったりします。夏バテ自体は病気ではなく、ちょっとした体調の不調と言う事になるのですが、「身体がだるいから夏バテだわ」と言う様に、楽観視して放置していると、本当の病気を見落としてしまう可能性があります。
実は、夏バテと同じ様な症状の病気があるのです。
【急性肝炎】
肝臓に障害が起きてしまった場合、夏バテと同じ様な症状が出やすいと言われています。特に肝臓の障害でも「急性肝炎」が危ない様です。急性肝炎の初期症状としては、食欲不振、倦怠感、胃もたれ等です。夏バテの症状と似ていて、間違えやすいです。特にB型肝炎の場合には、肝機能が低下して死亡にいたる場合もありますし、肝硬変や肝臓がんに進む危険性も有ります。夏バテと同じ様な症状で、避暑対策、夏バテ対策を行ってもなかなか回復しないなと思ったら、病院に行って診てもらう事がとても大切になります。
【糖尿病】
糖尿病の初期の頃は自覚症状が無い為、発病しても放置しがちになるのですが、糖尿病の症状が悪化してくると、倦怠感と言った夏バテと似た様な症状が起こってくる場合が多いです。夏バテと同じ様な症状で、避暑対策、夏バテ対策を行ってもなかなか回復しないなと思ったら糖尿病である可能性もありますので、病院に行き、治療を始めるきっかけになるのではないかと思います。
また、他にも「肺炎」「リウマチ」「腎臓病」と言った病気の症状も夏バテと似ています。この様に夏バテだからと勝手に思って放置してしまうと、大変な事になる危険性もありますので、少しでもおかしいなと思ったら病院に行って、医師に診てもらう様にしましょう。病気の早期発見にも繋がるかもしれません。

夏バテにならずに夏太り

夏の暑さが原因で夏バテになってしまい、食欲不振になる事は多いですが、それが原因で痩せてしまう事を「夏痩せ」と言います。夏痩せを解消する為には、夏バテ対策を行わなければなりません。
また、夏痩せを解消しようと、避暑対策を行ったりすると思いますが、この避暑対策の効果が出たお陰で夏バテも解消し、夏痩せも元に戻る様になりますが、逆に今度は「夏太り」をしてしまう人が多くなる様なのです。
夏は肌を露出する機会が多いです。出来れば太った身体を出したくないと言うのが女心でしょう。ですから、夏太りも解消していければいいと思うのです。
この夏太りになる原因、実は「夏だから」と言う考えこそが大敵なのです。
夏太りの原因となっているのは、「むくみ」が考えられます。外が暑いから冷たい物が飲みたいと思っても、今いる所がもし、エアコンが効いているオフィスだとしたら、過剰に水分を摂ってしまう事になり、むくむ様になってしまいます。またむくむ原因は水分だけではありません。ジュースやアイスと言った、夏に良く摂取するであろう物の中に入っている糖分が、むくみの原因となります。
夏になると大量の汗をかく様になります。これは身体が暑くなった身体を平熱に戻そうと体温調節をしている事になります。ですから、運動で出る汗と違ってエネルギーの消費は、そこまで大きくないと思って良いと思います。「夏だから、汗をいっぱいかいたから、いっぱい食べよう」と言うのは夏太りの原因にもなってしまうので、注意が必要です。

夏バテの治療

あなたはどんな避暑対策や夏バテ対策を行っているでしょうか。
身体がだるい、食欲が無い、何もする気力がおきないと言った症状が出るのが、夏バテです。しかし安易に「夏バテだから放っておけば大丈夫。」等と思っている方も多いのではないでしょうか。もし、避暑対策を行ったり、夏バテ対策を行ったりしても症状が改善しないのであれば、夏バテではない可能性もありますので、病院に行って診察してもらった方が良いでしょう。
では、病院ではどんな治療方法をするのでしょうか。
先ず、病院では問診を行います。そこで症状を詳しく聞かれ、夏バテなのか、他の病気なのか判断をします。そこで夏バテと言う診断が出たのであれば、以下の様な治療がおこなわれる事になります。
【点滴】
夏バテになると食欲不振になり、充分な栄養を取る事が出来なくなります。それを改善する為に点滴で栄養補給します。
【ビタミンの補給】
夏バテと言ったらやはり、食欲不振による栄養不足が挙げられます。夏バテの症状として身体がだるいとか、倦怠感があるとか言う場合には、ビタミンB群をビタミン剤で摂取すると、体内でエネルギーに変わりやすくなりますので、夏バテ解消に繋がります。
【生活指導】
普段の生活環境を把握し、夏バテの原因となる事を取り除きます。その為に生活指導を行います。主に、生活環境、食生活、睡眠、運動等を全体的に指導します。
夏バテと診断されたら、主に上記の様な治療方法が病院で行われますので、気になるようでしたら病院に行って、診てもらう方が早く回復に向かって良いと思います。