肺がん

肺がんを知ろう!

「肺がん」という病名は、どなたでもご存知だと思いますが、具体的にどのような病気なのでしょうか?
肺がんは、悪性の腫瘍で、体の中の気管支や肺胞から発生するがんです。
それらは、まとめて肺がんと呼ばれています。
一度出来てしまった腫瘍は肺の中で増加し、さらに隣の臓器へ転移していきます。
その結果、肺がんだけに留まらず、様々な症状を引き起こしてしまうのです。
肺がんは放置しておけば、当然のごとく、悪化するばかりです。
そして人間をやがて死に至らしめるのです。
がんという病気はどうしても「死」ということをイメージさせがちですが、早期発見、早期治療で治った例は沢山あります。
ですが。肺がんはがんの中でも死亡率が高いといわれています。
どうでして、死亡率が高いのでしょうか?
その理由は、肺がんは早期発見が難しいからなのです。
それは早期の場合は症状が出にくく、本人はまったく気がつかないことが原因と言われています。
それでは、症状が出にくい肺がんを、どうしたら早期発見できるのでしょうか?
それは健診などで撮影されるX線です。
肺の中に影が映って、精密検査をしてみたところ、肺がんと診断されたということがよくあります。
肺がんの原因で一番深刻なものが、たばこと言われています。
たばこのパッケージにも注意書きがされていますが、たばこは百害あって一利なしなのです。
早めにやめられるのでしたら、それに越したことはありませんね。
日本でも近年、禁煙の場所が広がり、喫煙者の居場所が減ってきています。
たばこの値段も上がる一方ですから、やめるに越したことはありません。

肺がんの種類 その1

一言に「肺がん」と言っても、実は種類があることを、みなさんはご存知でしょうか?
知らない人の方が多いかもしれませんね。
大きく分けると肺がんは2種類になります。
これはがんが発生した部分によって分かれるのです。
それによって名称が違ってきます。
「肺門型」は肺門の付近に出来たがんです。
「肺野型」は肺門型と逆で、肺門より離れた部分に出来たがんです。
また肺がんでも、がんの詳細によって、呼び名がついています。
「小細胞がん」とは、顕微鏡で見てみると、とても小さいがん細胞であることがわかるので、「小細胞がん」と言います。
小細胞がんは、喫煙者に多く発症することで知られています。
肺がんの2割は小細胞がんであると言われています。
小細胞がんは、肺門部付近の気管支から発生しやすく、進行がとても早いがんです。
これを発見したときには、もうすでに肺門やそのほかに転移した場合が多く、進行が速い悪性のがんです。
「腺がん」とは、俗に肺がんといわれる病気の中で、実は一番多いがんが「腺がん」なのです。
女性に多いがんと言われていますが、もちろん男性にも発見されます。
これも他の肺がんと同様に、喫煙が大きな原因となっています。
肺の抹消部分から発生するがんなので、がん細胞がまだ小さい時は症状がほとんど出ません。
しかし、厄介なことに、このがん細胞が大きくなって気づいた場合には、もうすでに、他に転移しているケースが多いです。
幸いなことに、X線写真によって見やすい部分に発生するので、レントゲンでは早期発見に至るチャンスです。
早期発見さえ出来れば、手術で治るケースもありますから、健康診断はきちんと受けたいものです。

肺がんの種類 その2

肺がんの種類についてお話しています。
肺がんは単に1つのがんではないということをお話していましたが、肺の中でがんが発生する部分や、その細胞の詳細などで呼び名がそれぞれあります。
「肩平上皮がん」という病気があります。
これも他の肺がんと同じ原因で引き起こされます。
たばこを吸う人に多いがんです。
どちらかと言うと、男性が発症する確立のほうが多いと言われています。
太い気管支に出来ることが多いのです。
この肩平上皮がんは、男性で肺がんになった人の中で4割を占めています。
そして女性の肺がんになった人の中の1.5割を占めているというデータがあります。
このデータからもわかるように男性のほうが肩平上皮がんになりやすいことがよくわかりますよね。
これは小細胞がんと同じで、肺門部付近の気管支に発生するがんです。
がん細胞の範囲がまだ小さいうちであっても咳や、あるいは血痰の症状が出ます。
こうした症状がもし出たら、早めに病院で検査をして下さい。
早期発見できれば手術で治るケースも多いのですから。
たばこを吸う人は特に気をつけて欲しいものです。
肺がんと呼ばれている中でも、非常に少ないケースで、肺がん全体の5%ほどしか見られないものが「大細胞がん」です。
小細胞がんとはまったく逆の大型のがんと言うことです。
肺の抹消に多く発生する大細胞がんですが、これは悪いことにがん細胞の増殖が速いのです。
残念ながら、抗がん剤も効きにくいと言われています。
放射線療法さえも効果が薄いと言われている、とても怖いがんです。

肺がんの原因を考えてみよう

肺がんを引き起こす原因として、一般的に良く言われているものがタバコですよね。
医学的な見解もまったく同じで、肺がんになるいくつかの原因の中で、喫煙がもっとも大きな原因だと言われています。
特に日本では、昔からたばこを吸う人が多かったですよね。
女性に比べ、男性は昔から喫煙率が高いようです。
近年になって、ようやく日本にも禁煙が浸透してきました。
公共の場所、交通機関、レストラン、会社など、ほとんどが禁煙となりました。
外国ではもっと早くこのようなことが行われていたのでしょう。
日本は禁煙に向けての動き出しが遅かったのかもしれません。
一方、日本でもこのように禁煙が浸透するに連れて、今では喫煙者数がだんだん減ってきたことも事実です。
あるデータによると、現在は約25%が喫煙者ということです。
しかし、それでもまだ日本の行動は遅かったと思われます。
禁煙への取り組みが遅かった日本は、残念ながら今でも肺がんの発生率は増え続けています。
では、たばこでも、タールの軽いものなら良いのでしょうか?
同じくフィルタータバコなら、いいと思っていませんか?
実はこれらのタバコも安心できません。
従来のたばこと比べて、テイストが軽いため、どうやら無意識で深く吸い込むようです。
発癌物質として肺の奥のまで達してしまいます。
肺の奥にできやすいと言われている「肺腺がん」が増加傾向にあるのは、このようなことが原因の1つとも言われています。
喫煙者は吸わない人のおよそ5倍から20倍もがんになる確率が高いのです。

肺がんの原因はたばこ

肺がんの原因で最も多い喫煙ですが、ご自分でわかっていながら、なかなかやめられない人も多いでしょうね。
まだ、たばこを吸っている人は、ご自分の体と、今後の家族のことも考え、禁煙されてはいかがでしょうか。
と言うのは、あなたの喫煙はあなただけでなく、周囲の人の健康も脅かすからなのです。
たばこの煙の中に200種類以上の発がん物質があります。
この数字にはびっくりしますよね?
ご存じない方がほとんどでしょうから。
ご自分が喫煙しているとき、あなたは知らずと周囲にこの200以上の発がん性物質をばら撒いていることになります。
どうでしょう、考えてみると恐ろしいことですよね?
乳幼児や、小さなお子さんがいるご家庭では、この子供たちがあなたの喫煙によって、発がん性物質にさらされる危険があるのです。
あなたの喫煙によって周囲の人へばらまかれた発がん性物質はどうなると思いますか?
実はこの発がん性の物質の中の物で、いくつかの物質は直接、DNAに結合してしまうそうです。
DNAが複製しようとするときに、システムエラー状態になり、従来あった配列を変化させてしまうのですから、これは大変恐ろしいことです。
これは点突然変異と呼ばれています。
ですから、喫煙はあなたにも、あなたの周囲の人間のDNAにも、変異をつけしまうほど危険なのです。
以上、お話したように、肺がんを引き起こす最大の原因は「喫煙」であり、同時に周囲の人にも悪影響を及ぼします。
現在は禁煙グッズも充実していますから、是非、禁煙にトライしてみてはいかがでしょうか。

死亡率が高い肺がん

がんという病気は、それぞれの特徴があります。
では「肺がん」とは、どのような特徴があるがんなのでしょうか?
これは残念なことなのですが、肺がんは、わが国のがんの中で、一番死亡率が高いというデータがあります。
みなさんもご存知の通り、たばこと吸うことが肺がんの大きな原因のひとつですよね。
一番、肺がんが発症しやすい年齢はいくつぐらいでしょうか?
それは40代、50代に多いと言われています。
そして女性と比べて、男性のほうが多いのです。
これは昔から男性でたばこを吸う人が多かったからでしょう。
女性で最も死亡率が高いがんは胃がんです。
その次が肺がんで、第2位です。
女性の肺がんは、男性に比べて数がそれほど多くありません。
ですが、近年、女性もたばこを吸う人が増えています。
この先は男性同様に心配されることでしょう。
肺がんの原因で一番はたばこですが、実はその次に大気汚染も原因と言われています。
これは環境破壊により、昔より空気が汚れているからでしょうが、これは自分でもどうにもならないことですよね。
空気がおいしい田舎に引っ越すくらいしか出来ません。
肺がんという病気は、約半分が「腺がん」です。
腺がんは自覚症状が出にくく、それで早期発見が出来にくいのです。
咳、血痰など出ることもあるそうですが、これはがんが大きくなるまで、こうした症状が出ないそうです。
咳などは風邪だと思ってしまう人もいるため、受診せずに放っておくことが多いため、早期発見が出来なくなっています。

たばこと肺がん発生率

肺がんにかかった人を年齢で見てみると、40代後半から増加しています。
これは何よりも、たばこが大きな原因なのでしょうね。
肺がんの死亡率は女性より男性のほうが高いことがデータで上がっています。
男性は女性のおよそ3倍も死亡率が高いと言いますから、驚きのデータです。
最も男性は、今のように会社が禁煙になるまでは、煙の立ち込めたオフィスで当然のように働いていたのですから環境的な問題もあったでしょう。
日本では以前から男性の喫煙率は、他の先進国と比べて高かったことで知られています。
みなさん、わかっていることでしょうが、肺がんにならないためには、たばこをやめることが一番なのです。
肺がんの原因で、たばこが最も大きな原因だということは、誰でも知っていることだと思います。
肺がんになった人のおよそ8割の人が、喫煙者なのですから。
ヘビースモーカーともなると、肺がんになる確率が、もっと高くなってきます。
1日のたばこの数が多ければ多いほど、肺がんになる確率が高いのです。
それに、どれだけ長くたばこを吸っていたか、その期間も関係してきます。
たばこを吸うことによって、肺は間違いなく傷を受けています。
禁煙さえすれば、それは修復されるでしょう。
そして、これから先、発がんする可能性は少なくなってきます。
日本では禁煙スペースが増えてきました、喫煙者の立場はどんどん狭くなります。
これを機会にやめる人も増えてきているようです。
喫煙者のみなさんが、がんばって、それぞれが禁煙をすることで、日本の肺がん発生率を低くして欲しいと思っています。

肺がんの初期症状

肺がんは症状がわかりにくいため、早期発見が難しいと言われています。
本人にもわかりにくく、自覚症状がないまま、悪化していくケースです。
検診のレントゲン写真で影が発見されれば、精密検査に進めるのですが、そうでないと、がんが進行してしまいます。
症状が出て、本人が気づいた時には、かなり状態が悪くなっている場合があります。
では、肺がんにかかった場合、初期でどのような症状が起こるのでしょうか。
まとめてみましたので、喫煙している方においては特に注意してチェックしてみて下さい。
まず、咳、血痰、胸の痛み、息切れ、そして疲れを感じます。
むくみ(顔など)が出て、食欲がなくなり、声がかれる、体重が減る、などがあげられます。
これを見ていると分かる人も多いでしょうが、風邪を引いたときの症状に良く似ていますね。
ですから、つい風邪と思ってしまって、ほっておいてしまう人もいると思います。
ですが、このような症状が出て、それが長引くようなら病院に行きましょう。
肺がんの症状は肺のどの部分に発生したかによって症状が変わってきます。
「肺門型」肺がんの症状としては、早期から咳やタンなどが出ますし、中には血痰が出る場合もあります。
この段階では、残念なことにレントゲン検査では写らないことが多く、発見しにくいと言います。
これが進行していくと「閉塞性肺炎」と言う肺炎にかかります。
では「肺野型」肺がんの症状は、どのようなものでしょか?
これは早期の段階では自覚症状が現れにくいので発見が遅くなりがちです。
がんが、肋骨や脊椎に移転すると、強い痛みが生じてきます。

肺がんは転移しやすい?

肺がんの転移についてお話します。
肺がんが、その周囲にある助骨や脊髄に転移してしまうと、どのような症状が出てくるでしょうか?
これは、痛みが発生してくるのです。
痛みが発生すると自覚症状として本人も気がつくでしょう。
また痛みだけでなく、しびれなどを引き起こします。
そして骨がもろくなり、なんでもないことで骨折しやすくなります。
また肺がんが脳に転移すると次のような症状が見られます。
頭痛、吐き気、ふらつきが起こります。
そして半身が麻痺状態になります。
何でもないことで転びやすくなり、口がよくまわらず、しゃべりづらくなります。
記憶があいまいになり物忘れをひどくするようになります。
手がしびれて物が掴みづらくなります。
肺がんとは関係ない症状のように見えますが、これは肺がんが脳まで移転して起こる症状ですので、このような場合はかなり進行していることになります。
肺がんの転移は、他と比べて起こりやすいと言われています。
逆に他の臓器がんからも肺に転移しやすいのです。
では、どうして肺がんは他に転移しやすく、他からも転移するのでしょうか?
それはがんという病気が他の部分に移る場合には、血液、またはリンパを介して、がん細胞が移動することからです。
新陳代謝をつかさどる血液や、またリンパの流れにのってがんは転移してしまいます。
肺がんの場合、肺の役割と大きく関係しています。
ご存知の通り、酸素を体の隅まで行き渡らせることを肺は役割としています。
これにより血液によってがんを運んでしまうのです。
また、がん細胞は血液を活性化しながら移動します。
ですから、肺がんの転移は、より早くより遠くの部分まで転移します。

肺がんを予防しよう! その1

肺がんを予防するためには、どんなことに気をつけたら良いでしょうか?
これは、当然のことですが、肺がんになる原因をなくすことです。
まず、日常生活の面から考えてみます。
肺がんになる危険性を少なくするための食事を取ることが大切ですね。
そして生活習慣を正すことも重要となってきます。
また、健康診断、定期検査をお勧めします。
これらが肺がんを遠ざける策になります。
肺がんの原因で代表的なものは、ご存知の通り、喫煙であると言われています。
肺がんと喫煙の関係は切っても切り離せないほど密な関係であることはデータでも示されています。
たばこを吸う量が多いほど、たばこを吸っていた期間が長いほど、それぞれが肺がんを発症する確立が高くなるのは当然のことです。
肺がんの予防を本気で考えるのでしたら、何はともあれ、まずは禁煙でしょう!
今からでも遅くないのです。
今まで喫煙してきた事実は変えられませんが、これから先のことは少しでも変えられます。
一生涯で体に蓄積される合計のダメージを考えたら、今、たばこをやめても遅くはありません。
この先、吸わない分、それだけ肺がんになる確立が低くなるわけですから。
もし、喫煙者の中で、「軽いたばこにしたから大丈夫」と思っている人がいたら、それは危険です。
軽いものは、体内により深く吸い込んでしまうので、これによって体に与えるダメージは高いと言われています。
軽いたばこと言っても、深くたばこを吸い込むのは、体によくありませんので注意が必要です。

肺がんを予防しよう! その2

たばこは肺がんになる大きな原因であると誰もが知っているでしょうが、では、たばこの他にはどんな原因があるでしょうか?
そのほかの肺がん発症の原因としては、大気汚染、またはアスベストも問題化されています。
大気汚染と言われても、私たち一個人では、どうしようもないだろうと思うでしょう。
ですが、様々な努力はできると思います。
例えば、なるべく汚染された空気を吸い込まないよう気をつけることは出来ますよね。
そのために引越しするのは大変ですが、もしこれから住むとしたら、空気の澄んだ場所で暮らすことが体には良いでしょう。
人間の体は深呼吸したときに吸い込む空気で響を受けてしまいます。
呼吸が深くなる時、たとえば運動をするなどは、周囲の大気の状態に気をつけることです。
運動する場合は、場所を考えたほうが良いのです。
ですから、車の排気ガスがひどい場所でランニングをしたりすることはやめたほうがよいでしょう。
また、アスベストが肺がんを発症させるとも言われています。
これは職業で携わる人は気を付けていると思いますが、正しい対処法と知識を身につけて下さい。
そして正しい対処法を知った上で、特殊なマスク着用などの必要な処置をすることです。
近年ではアスベストがむき出しの建物もなくなりつつありますが、まだまだ建築材料にはアスベストは含まれています。
建築物を壊したり、回収するときは素材に触れることもあるようですので、気をつけてもらわなければいけません。
アスベストによる肺がんになっても、発症が遅いため、これから先、もっと増加する傾向ですので、これはとても深刻な問題なのです。

肺がんのステージと生存率

肺がんのステージについてお話します。
がん病巣の広がり具合でステージが分かれます。
最初は「潜伏がん」と言われます。
そしてだんだんと数字が上がって行き、「0期」、「1期」、「2期」、「3期」、「4期」と分類されます。
これによって、「4期」においては、がんが最も進行している悪い状態です。
そして他の臓器へ転移をしている状態なのです。
小細胞肺がんのステージとして、先ほどの「潜伏がん」から「4期」までの分類されることとは別に、「限局型」または「進展型」の区別もします。
原発巣の大きさであるとか、リンパ節への転移が有るか無いか、または遠隔転移と呼ばれる、そのほかへの転移が有あるか無いかにより、区別されます。
肺がんは症状の進行する具合によって、その生存率は変動していきます。
通算である生存率のほかに、「5年生存率」は各ステージ別に表わされることが一般的です。
もちろん、行っているその治療レベル、または調査の仕方によっても、生存率の数字は変わってくると思いますが、だいたいの目安としては下記の生存率が上げられます。
まず、1期では70%の生存率です。
そして2期で50%、3期ともなると20%、4期では残念ながら生存率はたったの5%となっています。
また、肺がんの手術とそのステージも深い関係です。
発症した患者さんの治療法を決め、進めていく目安としても、これらのステージが参考となります。
一般的に言いますと、ステージの3期の1部の症例までが、手術をする対象です。

肺がんの手術について

肺がんが発見されたときに、すでに進行してしまって転移も見られるケースでは、手術が出来ない場合があります。
すでに手術が出来ないステージになってしまった場合、手術をしても症状の改善が難しいのです。
また、小細胞がんの場合は、がん細胞の進行や転移がとても早いので、手術は難しいです。
ですが反面、抗がん剤が効きやすいと言われています。
他の病気であってもそうですが、患者の体力や、年齢なども考慮しての治療法が一般的となっています。
肺がんで日本では年間に、いったいどれくらいの人が亡くなっているでしょうか?
およそですが、6万6000人が肺がんで死亡しているというデータがあります。
数字からもおわかりのように、日本ではがんの中で最も死亡者数が多いのが肺がんなのです。
これは肺がんの治療が難しいからと言えますね。
がんが肺にとどまったままで、リンパ節へ転移していない早期の場合ですと、手術で治ることが期待できます。
ですが、発見されたときには、すでにリンパ節への転移が見られた場合、手術を行っても、その後、再発するケースが多いのです。
データによりますと、肺がんの患者のおよそ4割に手術が行われて、そのうち残念ながら半数は再発しています。
こうした、がんの再発や、もうすでにがんが他に広がった状態で発見され、手術ができない場合はどうするのでしょうか?
そうしたケースの場合は手術せずに、抗がん剤による治療が行われるのですがこれは痛みを緩和させるため、もしくは延命治療となります。

肺がんの手術件数と治療実績

日本胸部外科学会をはじめ、様々な学会が認定している呼吸器外科専門医となるための認定修練の施設でアンケートが行われました。
全国で713ある施設を対象にして、2007年治療実績を調べました。
その結果、399施設からの回答を受けて手術件数が多い施設が一覧表になりました。
日本胸部外科学会が過去に発表した調査によりますと、肺がん手術においては、手術の実施件数が多ければ多いほど、治療成績が良かったというデータがあります。
手術実績を見れば、患者が病院を選ぶ際に良い参考になるでしょう。
今回のアンケートによると、1つの施設での手術件数の平均は、年間で56件でした。
最も多かったのは東京都中央区にある国立がんセンター中央病院の484件でした。
1年間に100件以上の手術をしていた病院は52施設で全体の13パーセントでした。
そして、月に1件程度の計算になる、1年間で12件以下の手術を行った病院は36施設、全体の9パーセントでした。
このように数字でおわかりのように、治療実績には施設によって、大きく差が開いています。
肺がんの手術と言うのは、一般的である胸を開く手術法以外に、体のどこかに小さな穴をいくつか開けて、小型カメラを挿入して、そのカメラから送られてくる画像を見ながら、同時に手術器具を入れて行う手術もあります。
胸腔鏡(読み仮名、きょうくうきょう)手術というものが普及しています
その手術は前年に比べて増えています。
前年は手術全体の4割でしたが、今回は半数に増えているということです。

肺がんの手術と傷口

お話したように、肺がんの手術には大きく分けて二通りありますが、どのような特徴があるのでしょうか?
横浜市旭区にある神奈川県立がんセンターの呼吸器科外科医長である坪井氏は新聞に次のようなコメントをしています。
「肺がんの胸腔鏡手術は体に穴を開けるため、その傷が小さくて済みます。
特徴は手術後、回復するまでの傷口の痛みが少ないことです。
ですが、開胸手術も昔に比べら、傷口はだいぶ小さくなっていると言えます。
双方の手術、どちらも入院期間、または半年後の痛みに大差はないでしょう。」とおっしゃっていました。
どちらも医学の進歩により、傷口が小さくて済むことで、患者さんも少しは安心できるでしょう。
今では手術に代わって、がんに放射線を集中照射して、その治療効果を高める方法で行われている治療があります。
ピンポイントで放射線を照射するこの治療は、定位放射線治療と呼ばれています。
今は一部の施設だけですが行われています。
直径5センチ以下であり、かつ、転移のないがんが対象となっています。
これは、保険で治療が出来ることが嬉しいですね。
再発してしまったケースや、進行したがんに対しては、シスプラチン、またはカルボプラチンと言う物に、いろいろな複数の抗がん剤を組み合せ、がんの治療が行われています。
シスプラチンの副作用としては、強い吐き気、腎機能が低下、などがあげられるため、入院しなくてはなりません。
カルボプラチンを使っての治療は副作用が軽いので、通院しながらでも行われています。

肺がんは痛みが出てからでは遅い!

肺がんの初期症状はどんなものがあるでしょうか?
それは、咳や痰から始まります。
血痰や喀血なども場合によってはあります。
それ以外にも、熱が出て、胸や背中の痛みが出てきます。
また、突然、呼吸困難が起きるケースもあります。
これらの症状になった場合には、肺がんかもしれません。
肺がんと言う病気は、初期の段階では、悪いことに症状が出ないことも多と言われています。
そのため、自分ではまったく自覚がないのです。
検診や検査を定期的に受けている人は、レントゲン撮影をしますから少しは安心ですが、そうでない人は、肺がんの症状が出てくるまで、放置してしまいます。
それによって、がんが進行してしまう危険性があるのです。
中でも、たばこを吸う人は、常に肺にダメージを与えていることになります。
ですから、喫煙がそれだけでもリスクが高いのです。
喫煙者は定期健診だけでなく、頻繁に検査することをお勧めします。
進行してしまった肺がんを治療することはとても難しいと言われていますから、初期の段階で早めに発見し、治療にかかることが大切なのです。
実際に、肺がんの発見が遅れれば遅れるほど、生存率が低下しているというデータがあります。
ですから、初期症状に少しでも気がついた時は、すぐに検査を受けて下さい。
風邪だろうなどと、素人判断をしないことです。
ご自分の体は自分自身で気をつけて行くしかないのです。
肺がんという病気は呼吸器がダメージを受けますから、胸、背中が痛んでくるケースもあります。
ですが、痛みや呼吸困難が出てからでは遅いくらいなのです。
そのころはすでにがんが進行していることが多く、痛みが出てからでは遅いのです。
症状についての認識を持ち、少しでも疑いがあったら早めに受診しましょう。

肺がんの治療法

肺がん治療はどんな方法があるのでしょうか?
すぐに頭に浮かぶ物と言えば、手術や抗がん剤ですよね。
これらは一般的に知られている方法だと思います。
肺がんの治療には大きく分けて三つの方法があります。
手術によって、がんを摘出する方法、抗がん剤を使用した化学的な療法、体に直接、放射線を当てる放射線治療です。
これらの治療法に加え、補助的な方法としては、ホルモン療法、または漢方療法が行われているケースもあります。
手術、抗がん剤、放射線、それぞれの治療には、もちろんメリットもあり、反対にデメリットもあります。
みなさんもご存知でしょうが、一般的に手術は体力がなければ耐えられませんし、抗がん剤も放射線も副作用が出てきます。
これらの治療法の正しい知識を身につけ、それを踏まえて、患者さんは、今後、どのような方針で治療をしていくのか、病院側と打ち合わせが必要になってきます。
手術を希望したとしても、がんの進行具合によっては、すでにもう、手術が出来ない場合や、治療で完治できない場合も出てきます。
望むことは延命なのか、痛みの緩和なのか、何を目的として、肺がんの治療を行っていくのか、きちんと考え、本人、家族、病院と方針を決めることが大切です。
患者側の望みを伝え、それが出来るだけ叶えられるように病院側の医療的アドバイスをもらいます。
患者と病院の信頼関係があってこそ、これからの先の苦しい治療に挑戦して行けるわけですから。
信頼せずに治療を続けられるわけがありません。

肺がんの治療法 続き

肺がんの治療法には三つの方法があるとお話した、続きです。
放射線治療とは、体に放射線を当てて治療することです。
これによってがん細胞をやっつけようとするのですが、もちろん放射線が当たってしまった正常な細胞もダメージを受けます。
正常な細胞がダメージを受けるわけですから、当然、副作用が出るケースが多いのです。
副作用は治療を行っている間だけ、出るのではなく、治療から何年か過ぎてから副作用が出るケースもあるそうです。
化学療法は抗がん剤を使用します。
肺がん自体は、抗がん剤を使っても、完治させることが難しいがんです。
がんの進行を緩和させる目的や、手術との併用することによって利用されるケースもあります。
放射線治療と同様に、化学療法にもまた、副作用があります。
これらの副作用について、病院から説明を受けておくことが大切です。
肺がんの完治を望むのでしたら、一番希望が持てる治療法はやはり手術でしょう
放射線治療、化学療法も補助的であり、メインの治療法ではありません。
また、その副作用によって、体全体の白血球、血小板の異常減少も起こる心配があります。
その結果、感染症にかかることもあります。
肺がんの治療中は、特に衛生的な環境で過ごし、感染を防ぐことが大切です。
患者が手術を希望したとしても、肺がんの発見が遅れてしまったケースでは、もう手術が出来ない状態です。
何度も言うように早期に発見することが大切なのです。
検診は頻繁に受けるようにして下さい。

肺がんの手術は難しい?

肺がんを完治させたい場合、本来の理想は、がん細胞を完全に摘出するでしょう。
肺がんの治療方法の中でも、最も効果的なものが手術と言われています。
悪い部分を切り取ってしまい、それが成功すれば良いのですから、一般の人でもわかることですよね。
しかし、肺がんの発見が遅く、すでに他の部分にがんが転移していた場合は、どうなるのでしょうか?
このケースは、いくら手術してもがんを完璧には摘出できないことになります。
もっと悪いことに、手術した後に、見落とされていたがんが、発見されるケースもあるくらい危険なのです。
手術は体力的にも患者としては大変なことです。
手術が終わって回復しなかったり、もっと悪化していたとしたら、患者に与えるダメージは心身ともに大きなものでしょう。
実際に肺がんを摘出する手術ですが、悪いところだけを切り取ればいいと思っている方も多いと思います。
実は手術の対象となっているのは、肺の一部分だけではありません。
片側の肺、全てを切りとらなければならないケースもあるのです。
手術に対して安易な考えでいることは危険ですから、医師と説明を詳しく聞き、治療法を考えて行きましょう。
安易な気持ちで手術を希望することはやめましょう。
過去のデータで見てみましょう。
肺がんの患者で、手術が行われたケースで、どれくらいの人が再発しているのでしょうか?
それは残念な数字ですが、およそ半数は再発しているということです。
このことからも、手術によって、がんを完全に摘出することは難しいことがわかりますね。

肺がんの手術は難しい? 続き

肺がんの手術で、最近では、さらに進化した手術法も話題になっています。
傷口が小さいため、体へのダメージが少ない手術方法、胸腔鏡手術というものです。
名前は聞いたことないけれど、このような手術のようすをニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。
体に穴を開け、カメラと器具を入れて、画像を見ながら器具を操作し、手術を行う難しい方法です。
これは、説明を聞いてわかるように、通常の手術と比べて、最新の手術方法であり、医師はとても高度な技術が必要です。
ですから、どこの病院でも手術が受けられるわけではないのです。
この手術を実施している病院は少ないところがデメリットのひとつです。
またこの手術に対応できる医師も日本中でそう多くはありません。
このような点でこの手術法を選ぶのであれば、まず病院を選ぶことが先決になります。
成功率の高い病院を選び出し、胸腔鏡手術をしてもらい、それによって肺がんが治る可能性は考えられます。
ですが、この胸腔鏡手術はとてもリスクが高いと言われています。
がん細胞を切除するという点ですが、カメラからの画像を見ながら体に器具を入れ、画像を見ながら手術するのです。
このことから開胸手術より精度が落ちると言われています。
胸腔鏡手術を希望するのであれば、経験豊かな執刀医を選ばなければなりません。
そのような医師がいるかどうかも、場所、病院、費用など、他の面もいろいろ考えなくてはなりませんよね。
手術の傷口が小さく、体に与えるダメージが少しであっても、その手術自体が失敗したら、転移、またはがんの進行を招きます。

肺がんの放射線治療 その1

肺がんにも他のがんと同様に放射線治療という治療法があります。
放射線治療とは、一体どのような治療法なのでしょうか?
これは放射線を患部に照射して、がん細胞を殺す方法です。
放射線は体に毒だと思っている方も多いでしょうね。
確かにそうなのですが、肺がんだけではなく、がんの治療としての放射線治療法はよく知られていることです。
放射線は細胞を破壊させます。
みなさんは「細胞分裂が盛んな細胞組織に対して、放射線はより効果的である」という事実をご存知でしょうか?
このことから、がん細胞に放射線を当てることは、効果があるのです。
がん細胞は周囲の組織に比べ、細胞分裂の速度がとても速いと言われています。
ですから、放射線はがん細胞に効果的な攻撃となるのです。
また、がんの治療法は局所治療と全身治療に分けることが出来ます。
放射線治療は局所療法です。
抗がん剤などの化学療法(全身治療)と区別されます。
一般的に、外部照射が使用され、回数としては1週間に5回ほどで、3週間~6週間続けて治療します。
肺がんについては、放射線治療が一般的といわれています。
ですが、肺がんの中でも、小細胞肺がん(がん細胞が小さいもの)については、より効果的な方法として、1週間に10回程度も照射を行うケースもあります。
これらは放射線治療だけを単独で行うのではなく、放射線の照射と並行して、抗がん剤、または外科手術と一緒に行うケースもあります。
このようにいくつかの治療法の組み合わせで行う治療のことを、集学的治療と呼んでいます。

肺がんの放射線治療 その2

また、場合によっては、肺がんが脳へ転移することを防ぐため、予防として全脳照射という放射線治療を行うケースもあります。
治療については、副作用が出る場合が多いので、必ず副作用についての詳細を病院側から受けましょう。
そして納得した上で治療に入ることが望ましいのです。
肺がん治療のための放射線治療は、がん細胞だけではなく、その周りの細胞にも照射されてしまいます。
正常な細胞に放射線が当たってしまうのですから、副作用が表れるケースが多くなります。
副作用として代表的な症状は、咳、痰が出て、熱が上がったり、息切れがしたり、食事の時に喉が痛くなったりすることがあります。
またこのような副作用のことを考え、肺がんの放射線治療に、ステロイドホルモン剤などを併用することで、副作用の症状を和らげる効果もあります。
もし、治療中に副作用がひどいと感じたら、病院側に相談することをお勧めします。
とても耐えられないような副作用が出てしまった場合、抗がん剤などの治療法に切り替えることもできますので、あまりに苦しい場合は我慢せずに言いましょう。
この放射線治療法には、外部から照射する方法と、他にもう1つの方法があります。
これは一般的にはあまり知られていないと思います。
ご存じない方も多いでしょう。
γ線という線源を、患者の体の中のがん患部に埋め込みます。
もしくは、幹部に密着させて、それによって放射線を照射する方法です。
外部から照射するか、体内に埋め込んで照射するかは、そのがんの性質と出来てしまった場所より、一番適した方法で治療します。

手術か?放射線治療か?

肺がんも含め、すべてのがん治療も同じですが、放射線治療法と呼ばれる方法は、放射線を患部に照射し、がんを死滅させます。
ですが、患者の体にメスを入れるわけではないので、患者の体、または機能をそのままに、がん細胞を死滅させることが特徴です。
例えば、喉頭がんで手術したとします。
がんが完治したとしても、結果、声が出なくなるような場合もありますよね。
肺がんの手術では胸を横切る大きな傷口になってしまった場合、手術後の回復も心配です。
ですが、放射線治療法をすることで、それが温存されるのです。
この治療法は、患者の立場を考えた上、選択されます。
せっかく、がんが治ったとしても、その後、社会復帰できなくなったり、元の生活が出来なくなったりすることは避けたいですよね。
声を使えなくなったら患者の人生が成り立たないくらい声が大事な人もいるでしょう。
患者の今後の人生を優先に考えることが大切なのです。
また、患部に放射線を照射する場合、がん細胞だけに集中して放射線が届くようにしたいものです。
周囲にある正常な細胞にも悪影響ですから、その為に放射線の量を減らしたり、放射線の当て方を考えたりすることで他の細胞にダメージをなるべく与えないようにすることも可能です。
患者の体に与えるダメージ、放射線治療によって起こる影響がどんなものか、副作用を含めて考えてみましょう。
そのことを考えた上で、それでも、がんを治療することが、大切かどうかが問題なのです
これは命に関わることなので難しくデリケートな問題ですが患者、家族、病院側で話し合い、納得の行く治療をするためには大切なことなのです。

肺がんのレーザー治療

肺がんの治療でレーザーを使った方法もあります。
これをレーザー治療と言いますが、この治療を受ける場合には、まず、光感受性物質というものを注射します。
そして、病巣にとどまっている光感受性物質にレーザーを当てます。
そのレーザー光により、がん細胞が破壊されるわけです。
このレーザー治療法は使われる場所が限られています。
主に、体の表面に現れているがんを死滅させるために使われます。
表面にあったがん細胞が進行してしまうと、その肺がんをレーザーで治療することは難しくなってきます。
ですから、この場合も早期に発見されることが大切です。
症状が進めば、出来る治療法の選択肢が少なくなると言うことですから。
肺がんに、このレーザー治療を使えるケースはどんな場合でしょうか?
まず病巣が小さいこと、まだがんが進行していない扁平上皮がんの場合が有効であると言われています。
レーザー治療の後は、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?
治療の為に先に注射した光感受性物質が影響を受けやすいのは日光ですから、ある期間までは直射日光を浴びてはいけません。
その期間については、病院側からの指示を守って下さい。
肺がんのため、病巣でふさがれている気管支をレーザーで広げるケースもあります。
これで苦しかった呼吸が楽になるのです。
このように肺がんについても、様々なレーザー治療が行われていることがわかりました。
お話したように早期に肺がんが発見できた場合は、いろいろと治療の選択肢も増えますので、検診は必ず受けるようにして下さい。

肺がんの末期と言われたら・・・

肺がんの末期症状になってしまい、余命の告知を受けてしまったら、あなたはどうしますか?
末期までがんが進行したからと言って、人生をあきらめることはないのです。
余命を宣告されたとしても、それ以上に生き延びた方は沢山いらっしゃいます。
また、肺がんを克服したという奇跡的な話もあります。
ですから、万が一、肺がんの末期症状になったとしても、絶対にあきらめないことが必要です。
これは患者本人もそうですが、支えて行くご家族も同じ決意が必要です。
人生を投げ出すことなく、残された時間を有効に力いっぱい生き抜くことが大事だと思います。
肺がんを完治させたくても、手術、レーザーなどの治療法は肺がんが末期では使えなくなることが多いです。
がんの進行やそのほかの場所の転移により、治療方法が少なくなってしまいます。
残念なことですが、現実問題として、無理やり治療したとしても、効果が期待されなかったり、完治させることが出来ないケースがあるからです。
抗がん剤の研究も日夜、進歩しています。
以前よりも優れた治療が出来るようになっていると言われています。
まずは信頼できる専門医としっかり相談して、家族の協力と共に今後の治療の進め方を話し合いましょう。
余命を告知されたことで、すべてを投げ出し、あきらめてしまったら、あなたの人生はその時点で終わるようなものです。
肺がんの末期症状から助かった例はいくつもあるのですから、それを信じて最善を尽くしましょう。

肺がんと腫瘍マーカー

がんという病気は、体の中の細胞の一部が突然的に異常分裂を繰り返すようになり増殖していく病気です。
肺がんだけではありませんが、体内にがんが発生してしまった場合、健康な体には、ほとんど含まれない特別なタンパク、または酵素、そしてホルモンが分泌されます。
それは血液や尿の中で通常より増して、異常なほど増えるケースがあります。
ですから、その血液や尿を検査してみれば、がんが早期発見できるわけなのです。
このチェックに使う物質のことを腫瘍マーカーと呼びます。
腫瘍マーカーは、がんを発見するための、ふるいわけ検査として、今もすでに使われている測定方法です。
腫瘍マーカーは、1848年に発見されました。
それ以後、免疫や血清学が進化することに連れ、腫瘍マーカーも種類が増えました。
バイオテクノロジーの進歩により免疫化学的測定法という判定方法が注目されています。
中でもバイオを使った細胞融合法によって、作成されたモノクローナル抗体というものがあります
このモノクローナル抗体は、ある範囲の腫瘍組織の中で激しく増加する物質、または、新たに生産された物質を血液中に見つけることを可能にしました。
ですが、がん細胞だけが所有する「がん特異抗原」は、現在もまだ研究中であり、発見されていません。
このように医学の進歩によって、がんの判定技術は日夜進歩しています。
より正確に、より簡単にがんの早期発見が出来るようになるといいですね。
何度も言いますが、肺がんは特に初期の段階が肝心ですから。

肺がんと腫瘍マーカー 続き

がんになっているのかどうか、血液検査で使われている腫瘍マーカーのお話の続きです。
腫瘍マーカーは各種いろいろな物質が実用化されています。
中には「肺がんで高くなる可能性もある」というくらいの信頼度である腫瘍マーカーもあります。
ある種の腫瘍マーカーでは肺がんの多くで数値が上がり、特に腺がんでかなり上昇することがわかっています。
ですが、がんに侵されていなくても喫煙する人では正常の2倍の数値まで上がります。
ここで知っておかなければならない正しい知識は、腫瘍マーカーは所詮、補助的な診断方法であり、その診断が絶対ではないということです。
マーカーが示す数値が低いと言って、安心してはいられません。
高い数値で悲観することもありません。
検査結果が数字で出てくると、人はどうしても信用してしまいがちです。
専門医ではなくても、「数値が高い=悪い」ということは簡単に素人でもわかってしまいますからね。
でも数値が高いからと言って、これに関しては、それが100%信用できるとは限らないのです。
腫瘍マーカーの結果を、説明してくれる専門医の解説をちゃんと聞き、正しく理解しましょう。
また一方で、肺がんであることを、高精度で見つけることができる、ある腫瘍マーカーの組みあわせも開発されています。
発見率は約90パーセントと言うことですから、現在の検査で使われているものより3倍も高いです。
このように腫瘍マーカーの研究も進んでいるようですから、近い将来、検査結果の信用度が高くなってくることでしょう。

肺がんの治療の必要性

肺がんについては、初期の段階では手術で完治するケースもよくあります。
ですが、実際は発見が遅くなることが多いです。
その場合はもう手術も出来なくなっています。
もし、あなたの身内が肺がんだと診断されたとします
私の父も母もヘビースモーカーですので、肺がんになる危険性は一般の人より、ずっと高いですから人事ではありません。
例えば、自分の親が肺がんと診断された場合、どのように考えますか?
すぐに手術でも放射線治療でも、なんでもして、早く治して、長生きして欲しいと誰もが思うでしょう。
ですが、ここで1つ考えてみたいことがあります。
それは治療の必要性です。
本当にがん治療は必要なのでしょうか?
放っておいたら確実に悪化し、最悪の場合は命を脅かします。
ですが、がんの治療法を考え、選択する前に、第一にまず治療の必要性について考えてみましょう。
何も治療をしなかった場合、そして治療をした場合、この双方を比べたときに治療をした場合のほうが回復に向かっている、少しは改善されているのでしたら、その効果が認められます。
ですが、治療を行っても効果が得られない場合、または悪化させてしまった場合はどうでしょう?
患者さんが苦しい思い辛い思いをするだけで、改善しないのなら、治療は不要ということです。
治療しなければ、病状は進行します。
治療をしても進行し、体力的にもマイナスになるケースもあるのです。
治療の必要性などと話すと、冷たい人に見られがちでしょう。
ですが、もしあなたの大切な親御さんが肺がんと診断された場合、年齢のこと、患者の体力的なこと、様々なことを考慮に入れ「治療が本当に必要か?」、家族で話し合って見るべきだと思います。

肺がんの検査

肺がんの検査と言えば、誰もが思いつくものがレントゲンですよね。
では、他にどんな検査方法があるのでしょうか。
ヘリカルCTと言う検査があります。
ヘリカルCTは検診の時に誰もが行える検査ではありません。
人間ドックの検診で、肺がんに対して危険性の高い人だけが受けるオプション検査なのです。
これは、肺全体をらせん状に撮影します。
そして立体的なCT画像として肺を撮影するものです。
平面的な胸部X線では、発見できないくらいわずかな小さい肺がんまで見つけることが出来ると言いますから、これは精度の高い検査方法ですね。
また別の方法で喀痰細胞診という検査もあります。
これはあまり聞いたことのない検査ですが、人間ドックでも使われる検査方法なのです。
タンの中にがん細胞が含まれているかチェックします。
これは顕微鏡で見て診断するのです。
この検査方法も信頼度が高いと言われています。
ですが、肺の末端部分にがんがあったケースには、たんにはがん細胞が入っておらず、その場合は発見しにくいという点があります。
一般に知られているレントゲンと言われる、胸部X線撮影での検査は、一般の肺がん検診や、人間ドックなどで良く使われている検査です。
この検査では初期の段階での肺がんが見つけにくいという点があります。
また他の臓器の影になって見えない部分は同じように見つけにくいのです。
レントゲンにはこれらの欠点がありますので、会社の検診で何も出なかったと言って、安心してはいられません。
喫煙者の方は精密検査をお勧めします。

悪性腫瘍と良性腫瘍

肺がんは肺に悪性腫瘍が出来る病気です。
こうして悪性腫瘍を「がん」と呼ぶことは、みなさんご存知でしょうが、そもそも「腫瘍」とは一体、どのようなものでしょうか?
体の中で細胞が異常に増殖して、できたものを腫瘍と呼びます。
ご存知の通り、腫瘍は二つのタイプがあり、良性腫瘍と悪性腫瘍です。
良性腫瘍はどんなものでしょうか?
細胞の増殖はしているので、その増殖の速さは比較的、ゆるやかです。
そして悪性に見られる周辺の細胞に入って拡がっていくような他の部分への転移をしません。
さらに「悪液質」と呼ばれる、正常な細胞が取ろうとする栄養を取られるものも発生せず、体が弱ることもありません。
良性腫瘍の病気は、どんなものがあるでしょう?
女性に見られる子宮筋腫や卵巣嚢腫、そしてイボ、胃や大腸に出来るポリープなどが上げられます。
さて、悪性腫瘍はどんなものでしょうか?
増殖する早さが異常であり、周囲に転移をし、細胞から栄養を吸い上げてしまう悪液質になるので、命を脅かします。
内臓、皮膚、または粘膜などを作っている上皮細胞にできた悪性腫瘍をがんと呼びます。
それ以外の部分に出来た悪性腫瘍を肉腫と言っています。
がんと言われるものは一般的に悪性腫瘍の総称です。
上皮細胞にできる悪性腫瘍にはどんな病気があるでしょうか。
代表的なもので、咽頭がん、肺がん、乳がん、胃がん、大腸がんなどが上げられます。
一方の非上皮細胞にできる悪性腫瘍では、 骨肉腫、血管肉腫、白血病、悪性リンパ腫、そして骨髄腫などが上げられます。