発毛

発毛における環境

薄毛や若ハゲで悩む方は年々増え続けています。
発毛剤や育毛剤、サロンや専門医などその悩みを解決するべく様々な商品や商売も発達していますが、なぜその様な状況になったのでしょうか。
一般的に父親が髪の毛が薄いから遺伝でそうなったと言う事もあるでしょう。
これも近年増加傾向にありますが、ストレスや精神疾患が原因して薄毛になってしまう方。
又、自分ではなかなか対策することは難しいですが、私たちを取り巻く環境、食品なども大きく原因しているのではないでしょうか。
ひと昔前に比べて、24時間営業のコンビニエンスやファミリーレストラン、ファーストフードなどが増えましたよね。
これも世の中のニーズがあってこそ、そう言う営業時間になったと言えますが、人類が夜型になっているのでしょう。
夜働かなければならない方も見えますが、人間として睡眠を取らなければいけない時間に起きている。
これは体にも頭皮にも髪の毛にも良くある訳がありません。
又、花粉症やアレルギー性鼻炎の方も増えました。
原因は様々でしょうが、免疫力の低下や食生活も原因しているのではないでしょうか。
バランスの悪い食事は、体そのものの機能を低下させますので、当然頭皮や髪の毛にも悪い条件であることは間違いありません。
この様に、薄毛や若ハゲで悩んでいる方が増えている様に、人間の機能自体衰えていっているのでは、と危惧してしまいます。
発毛の手当ては、まず健康な体づくりから始めたいものです。

食生活と生活環境

発毛の手当てと言うのは、発毛剤を使用して頭皮や髪の毛に直接施すものばかりではありません。
薄毛になってしまう原因のひとつに生活環境や食生活の乱れによって、体そのものが栄養をうまく運べなくなっている場合もあるのです。
どちらかと言うとこの生活習慣や食生活を見直す方が大変なことであり、なかなか維持できないのです。
しかし、簡単に発毛剤をふりかけるより、よほど大切なことなので、まずこの生活環境と食生活を見直ししましょう。
食事は、野菜や果物などミネラルやビタミンを多く含むものを摂る様にします。
間違ってもバランスの悪いレトルト食品やファーストフードの摂り過ぎは中止しましょう。
頭皮に行き渡る栄養は、体の中で最も遅く運ばれます。
バランスの良い食生活を送らないと髪の毛まで栄養は届きません。
頭皮、髪の毛に良い食品
レバー、人参、緑黄色野菜、卵、牛乳
玄米、豚肉、大豆、チーズ、海藻類
魚介類、牛肉赤身、プルーンなど
お酒は百薬の長と言われますが、当然飲み過ぎは良くありません。
肝臓が弱るとたんぱく質の生成が衰えます。
週に2日は休肝日を設定して、楽しむ程度として下さい。
頭皮には夜栄養が運ばれると言っても過言ではありません。昼間は体を動かしていますので、栄養がそちらに多く運ばれます。
睡眠をしっかりと十分に取ることは頭皮や髪の毛にとっても非常に重要なのです。
忙しい中、出来る事なら少し汗ばむ程度の有酸素運動を心掛けましょう。
血液の循環が良くなることで、頭皮の血流も良くなり栄養がしっかり運ばれます。

シャンプーの仕方

正しい洗髪方法で髪の毛や頭皮を洗うことは、発毛手当てにおいて清潔な頭皮や髪の毛を維持するため、とても大切な行為と言えます。
自分に肌に合った、皮脂を落とし過ぎないシャンプー剤を使用し、洗う時には爪を立てずに指の腹の部分で頭皮を軽くマッサージしながら洗っていきましょう。
髪の毛そのものを洗う、と言うより頭皮に意識を集中させて、頭皮を洗う様に洗います。
頭皮の状態が良ければ、2度洗いするのも良いでしょう。
髪の毛、頭皮を良くすすいだ後に、シャンプー剤を1回目の半分位手に取り、同じ要領で洗髪します。
すすぎも大切ですが、シャンプー剤が多く頭皮に残ってしまうと毛穴が詰まる原因になります。
毛穴が詰まると頭皮のかぶれや肌荒れの原因になりますので、しつこい位にすすぐ必要があります。
良くご存知と思いますが、頭皮がかぶれると、脱毛が進行してしまいます。
リンスやトリートメントのすすぎは、シャンプーより丁寧に行って下さい。
髪の毛をずっと濡らしたままでいると、少しの摩擦でも髪の毛に負担がかかってしまいます。
すぐにタオルで拭き取って下さい。
但し、ゴシゴシ拭くと髪の毛を痛めますのでタオルを押し当て、挟んで水気を取る様にします。
タオルで拭いても髪の毛が乾かないのであれば、ドライヤーを使用します。
ドライヤーは髪の毛から15センチ以上離して、一箇所に長い時間当てない様に注意します。
乾燥させすぎも髪の毛、頭皮を痛める原因になります。

シャンプー前には

発毛手当てを行う上で、頭皮の状態を清潔に保つことは重要なポイントになります。
せっかく発毛剤を使って頭皮に発毛を促しても、頭皮自体が汚れて不潔な状態であると効果も良くありません。
シャンプーのし過ぎは良くないと言われていますが、シャンプーをしないのも当然良くありません。
頭皮の状態に合わせて適宜な洗髪を行って頭皮を清潔にしましょう。
頭皮には必要な皮脂があり、過度なシャンプーは皮脂が取れ過ぎてしまい、逆に過剰分泌の原因となりますが、脂性やフケ症の方、汗っかきの方は毎日洗髪した方が良いと思います。
ご自分に合ったシャンプー剤を選び、正しい洗い方を心掛けましょう。
髪の毛が長い方はシャンプー前に軽くブラッシングをした方が良いです。
髪の毛がもつれたままシャンプーをすると、髪の毛に無理な力がかかってしまい、傷める原因となります。
軽くブラッシングと言う所がポイントなのですが、強い力で行うと頭皮を傷めるだけなので注意して下さい。
シャンプー前にはもう一点、十分に髪の毛を濡らして下さい。
これは、シャンプー剤を適量で髪の毛全体に行き渡らせるために必要なことです。
髪の毛に行き渡らないので、シャンプー剤が足らないと大量に使用するのもあまり良くありません。
又、シャンプー剤は500円玉程度の適量を手に取り、それも少し水で薄めると良いでしょう。
シャンプー前には上記のステップを必ず行い、頭皮に良い方法を続けましょう。
発毛手当てに有効になるでしょう。

発毛いろいろ知識

発毛の手当てを行う上で、色々な知識を持っていることはより効果的な手当てを行えることに繋がります。
少し勉強していきましょう。
■増毛の意味
発毛や育毛の手当てを行ってもなかなか効果が表れてくれないのは事実です。
「増毛」を考える方も多いと思いますが、増毛の意味は、頭皮に残っている髪の毛の毛根に人工の毛を装着することです。
人工の毛を装着した毛根に生えている髪の毛が伸びてくると、装着部分も上に押し上げられてきますので、装着し直しが必要になります。
ですので、最初の金額以外に維持費がかかります。
良く検討してから試してみて下さい。
■長い毛は抜けやすい?
髪の毛が長いと言うだけで抜けやすいと言うことはありません。
但し、いつもきつく束ねるなどしていると毛根や頭皮にもあまり良くはありません。
ブラッシングも必要ですが、あまり過度に行いすぎると髪の毛を痛めますので注意が必要でしょう。
■海藻は髪の毛に良い?
海藻類に豊富に含まれる成分はミネラル、ビタミン、カロチンですので髪の毛には良いと言えます。
但し、髪の毛に届けられる栄養は、体の中を循環し最後に運ばれますので、バランスの良い食事を摂ることの方が髪の毛には良いのではないでしょうか?
■ストレスで円形脱毛症
近年ストレスや精神的疾患になる方が多いですが、当然体にかかる負担も大きく、髪の毛にも良くありません。
円形脱毛症とは、突然頭部に円形の脱毛が発生することですがストレスのみが原因と言う訳ではないようです。

発毛の情報

近年、インターネットの普及により発毛や育毛など髪の毛に関係する情報は様々なものがあります。
誰でも簡単に情報が手に入る便利な状況になりました。
発毛剤や育毛剤の商品についても紹介され、どんな症状にどのような効果があるのか一目で分かる様になっています。
しかし、頭皮や髪の状態は個人別に千差万別である為、やはり専門家や病院の診断などしてもらった方が無難でしょう。
自分で判断して発毛剤や育毛剤を使用することで、症状を進行させてしまう場合もあるのです。
■発毛剤を使用すれば髪の毛は生える?
薄毛になってしまった原因はそれぞれ様々ですので、その原因を直接対策しないとなかなか効果が無いと思います。
多くの人は複数の原因が絡み合って薄毛になっている場合が多いので、なかなか効果が表れないのも現実なのです。
しかし、自分の頭皮や髪の毛に合った発毛剤を気長に継続して正しく使用すれば、発毛の効果もあると思います。
その際、生活環境や食生活など体の内面からの対策も
して頂くと効果が出るのも早く、又、継続するでしょう。
■パーマは脱毛を促進させる?
パーマは髪の毛の細胞を一度分解して、形状を固定させて無理やり組み直す行為です。
化学薬品を使用しますので頭皮や髪の毛自体に直接大きな負担をかけますので良いものではないでしょう。
頭皮や髪の毛が傷んでいる方がパーマをかける事はお勧めできませんが、健康な頭皮、髪の毛の持ち主であれば、アフターケアをしっかり行うことで、さほど問題は無いと思います。

よくある髪のトラブル

頭髪の発毛手当てを行う上で、髪の毛のトラブルについても知っておいた方が良いでしょう。
その方がもしそう言うトラブルになった時もすぐに対処ができるはずです。
良くある髪のトラブル
■フケ
誰にでもフケはある現象です。
フケと言うものは、髪の毛と同じ様に、頭皮が一定のサイクルで再生した時に剥がれおちる古い頭皮ですが、頭皮に炎症などが発症すると剥がれおちる頭皮が大きくなります。
この状態になるとフケが大きく、気になる位目立つ様になって、毛穴を詰まらせる原因となります。
■白髪
白髪になってしまう直接の原因は、髪の毛に含まれる色素細胞機能が低下したことによります。
一般的に加齢と共に発生する老化現象のひとつですが、若い方でも白髪の多い方がいらっしゃいます。
色素細胞とは、毛母で髪の毛が発毛する際、メラニン顆粒という成分で構成されたもので、髪の毛の中に送られることで髪に色がつきます。
■頭皮の湿疹
頭皮の湿疹は、過度な洗髪や間違った手当てを行っても発症する場合があり、頭皮が赤くなってフケも多くなってしまいます。
「脂漏性湿疹」と呼ばれ、脱毛症の要因にもなりますので注意が必要です。
健康な頭皮の色は白っぽい色をしています。
頭皮が赤らんでいることは異常なのですぐに手当てをした方が良いでしょう。
髪と頭皮を清潔に保ち、皮膚科で診断してもらうことを一番にお勧めします。
頭皮は髪の毛にとって大切な地面となっている部位ですので、発毛の手当てより前に整えることが必要だからです。

病院に行きましょう

発毛の手当てを行う場合、独学で行うよりも病院で診断してもらった方が断然確かな方法が取れます。
髪の毛が抜ける量が多くなった、同年代と比べて髪の毛が薄い、と悩んでいる方は多いですが、すぐに「脱毛症」や「禿髪症(とくはつしょう)」と決めつけて発毛剤や育毛剤を使うのは少し早合点と思います。
思い過ごしや考え過ぎの方も多く、実際検査してみると脱毛治療が必要ない場合もあるようです。
この症状は「脱毛危惧症」と言われ、精神的なものなので、カウンセリングで不安が解消されると、脱毛の症状も改善されるのです。
薄毛になる原因はひとりひとりの体質や生活環境によって異なるものです。
体の状態がどうであるか、よく診断してもらって的確な処方をすることが大切です。
発毛剤を使用してもなかなか効果が表れないと言う方は是非専門医で診察してもらうことをお勧めします。
薄毛になる病気、症状もいろいろあります。
体内分泌ホルモンが関係し「甲状腺機能低下症」と言う症状は髪の毛だけでなく、体全体の体毛が薄くなります。
又、栄養障害では「亜鉛欠乏症」「鉄欠乏症」「タンパク質不足」、現代人に多いファーストフードやレトルト食品の偏食や過度なダイエットによる栄養不足など本当に様々です。
この様な専門的で様々な症状を自分の判断で手当てすることは、逆に症状を進行させ、悪化させてしまう結果になりがちです。
少々抵抗があるかもしれませんがまず病院に行きましょう。

頭皮の老化を防ぐ

健康な髪の毛を発毛するためには、頭皮の状態を健康に保つ必要があります。
頭皮が老化していると当然健康な髪の毛は生えてきませんし育ちません。
皮脂の取り過ぎは頭皮の老化に繋がって状況を悪化させるのです。
一般的な情報だと、皮脂が男性型脱毛症の原因の様に言われていますが、これは男性ホルモンによる皮脂の分泌量が増加したことによります。
皮脂の取り過ぎは頭皮や髪の毛そのものの老化を早めてしまいます。
又、近年増加しているアトピー性皮膚炎や鼻炎などアレルギー体質の方は、髪の毛や頭皮の洗い方を間違えてしまうと、頭皮の状態を悪化させてしまします。
頭皮が老化すると発毛をしたとしても栄養が行き渡らずに育ちません。
その状態を続けると発毛事態もしなくなってしまします。
こんなデータがある様です。
ある発毛剤の場合、発毛率が80%と言うのですが、これは実は産毛も含んだデータで、その発毛した髪の毛が太く健康に育つ割合は、その又8分の1程度しかないそうです。
いくら発毛したと言っても産毛なんて生えても手当てを行う目的からしたら何の役にもたたないですよね。
頭皮や髪の毛の毛穴が老化した状態であると、せっかく発毛しても健康な髪の毛には成長できないのです。
頭皮の老化を改善することは、発毛の手当ての大前提になることが分かって頂けると思います。
又、発毛剤そのものには頭皮の状態を改善する力はあまり無いものが多いので、日々のケアで頭皮の老化を防ぐ様にしましょう。

発毛におけるホルモンバランス

皮脂の取り過ぎが良くないと言うことは既に紹介していますが、頭皮を綺麗にしようとする行為はそれ自体何も悪いことはありません。
女性の場合、毎日シャンプーすることは当然のことであり髪の毛が清潔に手触り良く綺麗になることは間違いないのですから。
但し薄毛の人は市販のシャンプーで洗いすぎるのはあまり良くありません。
実は逆に脂性になる可能性があるからです。
女性は当然男性ホルモンが過剰になると言うことはありませんので、通常であれば皮脂の過剰分泌はありません。
多くあるのはホルモンのバランスを崩すことなのですが、女性の場合ホルモンバランスが崩れれば生理不順になるはずです。
バランスを崩している原因を探り、改善するのが先決となります。
皮脂の取り過ぎで弱っている頭皮を正常に整える為には頭皮料が一番良いです。
肥大化した皮脂線を刺激しない有効な手当てができます。
まず頭皮を正常な状態に戻すことが何よりも先に行わなければならない発毛の手当てです。
現在の20歳の方は、ひと昔前の40歳位の頭皮をしていると言われています。
女性が薄毛になっている状態は一見良く分かりませんが、今の若い女性は頭皮が老化していて、パーマやカラーなどで痛めている場合が多いので、薄毛人口も多い様なのです。
頭皮の老化を防止して改善しないと、いくら発毛剤を付けても効果がありません。
やはりしっかりした地盤を固めてから、発毛の手当てをする必要があるのです。

皮脂の役割

頭皮における皮脂について色々な情報が飛び交っています。
過剰な皮脂の取り過ぎは逆にマイナス面となって頭皮にも髪の毛にも良くないと言われています。
髪の毛の薄い部分の皮脂は結構少なく、逆に髪の毛の多い部分の方こそ皮脂の量が多く分泌されている様です。
皮脂の分泌は男性ホルモンによるものと言われていますが、実は皮脂はシャンプーや洗髪などで取り除こうとしても減るものではありません。
皮脂における人間の体の仕組みは「洗えば取れて減る」と言う単純なものではありません。
必要な皮脂まで洗い流してしまった場合、補充する機能が働くのです。
取れば取るほど補充する機能が働いて、減ってしまった皮脂量が多いほど、また増やそうとするのが人間の体の仕組みなのです。
又、継続して皮脂を取り過ぎる状態が続くことで、皮脂線は肥大し、大量に皮脂を分泌する様になります。
実際、皮脂を取ることで抜け毛は少なくなって、頭皮は綺麗になった様に見える為、一見効果が表れている様に思えますが、頭皮は必要な皮脂が奪われ、又それを補充しようと無理がかかるので確実に弱ってくるのです。
頭皮の状態が悪くなれば良い発毛状態となる訳がありません。
参考ですが男性ホルモン自体で皮脂線は肥大しません。
皮脂の役割としては、発毛や髪の毛が育つ栄養、頭皮に必要な成分が含まれています。
皮脂の分泌が少ない女性の方や、薄毛の方は、髪の毛を洗うことでよりその成分まで取り除くことになって、頭皮を痛め薄毛を逆に進行させてしまう場合があります。

皮脂の知識

発毛手当てを行う時に、頭皮の状態や皮脂に対する知識は不可欠です。
しつこい位に「皮脂の除去」について紹介されていますので「皮脂の取り過ぎは良くない」ことを認識されている方も多いと思います。
シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、必要な皮脂まで取ってしまい逆にマイナスとなってしまうのです。
過剰な皮脂は毛穴を詰まらせると言われていますが、実は3日に1回洗髪すれば、その様なことはないのです。
現代人のほとんどは3日に1回どころか、毎日シャンプーしていますね。
女性や清潔好きな人は朝晩シャンプーしている場合もあります。
ですので「皮脂が毛穴を詰まらせている」人はほとんど居ないのが現実なのです。
やはり皮脂が原因で薄毛や若ハゲになるのではなく、多くは別の原因があると言うことでしょう。
自分に合うシャンプー剤を見つけ、皮脂を取り過ぎない様にすることで、健康な頭皮を維持できるのでそちらに力を注ぐ様にしましょう。
シャンプー剤も大切ですが、シャンプーの方法も重要ですので良くすすぎ、シャンプー剤が頭皮に残らない様にします。
男性ホルモンも良く言われる薄毛の原因ですが、男性ホルモンの働きが活発になると皮脂の分泌は多くなります。
又、男性ホルモン自体は、髪の毛の組織を衰えさせるので髪の毛の寿命を短くします。
皮脂が多くなるのも髪の毛の寿命が短くなるのも男性ホルモンが原因していると考え、皮脂を取れば発毛できると考えるのは改めましょう。

健康な体づくり

発毛に求める効果、を考えてみたでしょうか?
髪の毛がフサフサとなって、夢の様な状態を望むのは自由ですし、当たり前なことです。
多くの人が望む発毛効果、これは商品販売を行う企業にとって大変な需要となります。
ですから発毛剤、サロンなどの広告、商品のホームページ、等々を見ると誰もが望む様な効果が得られ、髪の毛がフサフサに戻ると宣伝されています。
それでは誰もが求める発毛効果に結びついた人はどれ位の割合で居るのでしょうか?
これだけ沢山の高品質な商品や情報があるのに本当に求める効果が表れているのでしょうか?
多くの人が実感している発毛効果は以下の様な事だと思います。
■成長しない産毛は生えた。
■抜け毛は減ったのだが、同時に髪の毛も減った。
■細く短い寿命の短い髪の毛しか生えない。
■頭皮が赤くかぶれてしまった。
■1年位まではそれなりに効果が感じられたが続かない。
■発毛剤を一生懸命使用しているが薄毛が進行する。
■頭皮に異常が出て、何も手当て出来なくなった。
発毛の手当てを行うことで、見違える様な効果を求めることは当たり前と言えますが、砂漠化や土地が荒れた状態の場所に、豊かな森がすぐ育つでしょうか?
土地を耕し、栄養を育める様になって、種を植え、必要な水分や栄養を維持してやっと発芽となります。
発芽してもその土地に同様に栄養素を維持しないと枯れてしまします。
発毛の手当ても同様なのです。
まず頭皮の状態を回復させ、健康で栄養がしっかりと運ばれる体づくりをしましょう。
それでも誰もが望む効果を実感できる人はほんの一握りなのですが、健康な体づくりが出来たとしたら発毛の手当てを施した効果は大いにあったのではないでしょうか?

発毛に求める効果

発毛の手当てを行って求める効果。
それはどんな状態でしょうか?
何らかの原因があって抜け毛が起こって薄毛や若ハゲ、脱毛症になってしまうのですが、この状態が改善し、髪の毛がフサフサと生い茂ってくることでしょうか?
発毛の手当てを行えば全てこの様な状態になれば、髪の毛が薄い人など居ませんよね。
悲しいことですが、求めている効果と発毛手当てを行った現実には大きく隔たりがあることが多いです。
これだけ医学の進歩や研究の成果が発表されている現代でも求めた効果を発毛の手当てで得る人はほんの一握りなのです。
どんな効果を求めるか?と言うことは手当てを行う上で非常に重要なことではないでしょうか?
では一般的な意見を参考に考えていきましょう。
■髪の毛が抜けてしまった所に新しい髪の毛を発毛して復活する。
■髪の薄い所に髪の毛を発毛し、密度を濃くする。
■手当てを始めたらすぐ効果が出て、半年位では見違える。
■抜け毛を無くして発毛させたい。
■抜け毛を減らすことができれば髪の毛が増える。
色々な商品のキャッチコピーや宣伝などで紹介されている様な考え方ですし、その様に望み、求めるのは必然的なことですね。
上記の様な奇跡が起きれば髪の毛は復活し、フサフサになるでしょう。
発毛に求める効果とはこの様な事なのでしょう。
発毛手当てを施す人が誰しも求める効果ではありますが、何十年前からこの夢の様な状態を求め、発毛手当てを行い、そして多くの人が髪の毛が薄くなる原因が改善できず髪の毛を失っていると言う現実もあります。

発毛改善の近道

抜け毛をした髪の毛を調べることは、発毛や育毛の手当ての参考になります。
ここでは、抜け毛の症状によってご自分がどのような状態であるか判断するための手助けをします。
まず抜け毛の本数ですが、1日の抜け毛の平均的な量は約50本程度と言われています。
しかし頭皮の状態や健康状態によって個人差があります。
1日30本の抜け毛でも抜け毛が進行していて危ない場合もありますし、例え70本抜けていてもそれほど心配しなくても良い場合もあります。
これは寿命を終えた髪の毛が自然に脱毛する髪の毛であれば問題ないと言うことです。
次に抜け毛の太さを見てみましょう。
抜け落ちた髪の毛の太さにばらつきがあればある程、髪の毛自体にも生命力がなく、頭皮も弱ってきています。
又、細い毛が多いほど頭皮は弱っていて、次に発毛してくる髪の毛も抜け落ちたそれ以上に細い場合が多いです。
この様な状態が続くと頭髪全体が薄くなってきたと感じる様になります。
抜け毛の量の話題を最初にしましたが、いつ頃抜け毛が多かったかも振り返る必要があります。
現在は1日2、30本だが、以前は50本程抜け毛があった、と言う場合は、発毛の手当てにより頭皮や髪の毛の状態が良くなった為、抜け毛が少なくなった場合と、抜け毛が慢性的になって進行した為、抜ける髪の毛が少なくなったと言う悪い状態が考えられます。
しっかりした髪の毛を発毛させる為にはまず自分の状態を良く観察し、手当てを施した方が改善には近道となります。

短小毛は早く発毛手当てを

抜け毛をチェックすることでご自身の発毛の手当ての参考に出来ますが、抜け毛には様々な種類があります。
抜け毛を良く見てみた時に、短く弱々しい抜け毛があれば、それは「短小毛」と言う寿命を待たずに若くして死んでしまった髪の毛のことです。
健康な髪の毛であれば1ヶ月に約1cm伸びると言われています。
当然散髪やカットによって一概には分かりませんが、6cmの短小毛が抜け毛の中にあるなら、たった6ヶ月で寿命を終えたと言うことになります。
実はこの短小毛が多いほど髪の毛が減って薄毛になる確率が高いのです。
髪の毛は一度産毛状態になると、その毛が太く長く成長する毛に回復するのはかなり困難になります。
ですから産毛状態になる前に手当てを施す必要があるのです。
抜け毛の中に短小毛がどれ位含まれているか、本当にその抜け毛が短小毛なのかどうか良く観察してみましょう。
しかしそれがもし短小毛だとしても、あきらめる必要はありません。
実はもし髪の毛が回復に向かっている最中でも短小毛と同じ抜け毛が含まれるのです。
髪の毛が回復する過程には非常に長い時間がかかります。
抜け毛と発毛を何度も繰り返し行い、細く弱い毛が太く長く変化してくるのです。
寿命においても6ヶ月で抜けてしまっていたものが通常の3、4年の寿命へと長生きしてきます。
覚えておきたいのは、もし抜け毛の中で短小毛が目立つ様であれば、殆どの場合、薄毛が速い速度で進行している場合が多いです。
少しでも早く発毛の手当てを行い、対策を施す必要がありますので注意して観察しましょう。

発毛の為に抜け毛のチェック

抜けてしまった髪の毛を観察してみるのも発毛のために参考になります。
但し現象から判断するには少々危険なので、本当に参考程度にしておきましょう。
自然と抜け落ちる髪の毛の平均的な寿命は男性では3、4年、女性では4~6年と言われています。
寿命で抜け落ちた髪の毛はマッチ棒の様な形をしていますが、その様な抜け毛ばかりだからと言って安心はできません。
髪の毛に十分な栄養が行き渡らない状態や、弱くなっていると寿命が短くなってしましますが、この寿命が短くなった髪の毛も同じ形状をしているのです。
ですから抜け毛のチェックだけでなく、頭皮の老化についても合わせて調べなければいけません。
寿命にならずに何らかの理由によって、途中で抜け落ちてしまうことを「広汎性脱毛」と言います。
毛根にシッポが付いたような形状をしていますが寿命を全うできずに途中で抜けてしまうのです。
原因は様々ありますが、頭皮、毛根の内部、体の内部に原因があって途中で抜けてしまった、と考えた方が良いです。
皮脂が原因の場合もあるとは思いますが、過度なシャンプーやクレンジングで逆に必要な皮脂まで除去してしまうのは大変危険です。
現代の方が薄毛人口が多いと言われていますが、ひと昔前の人は頻繁にシャンプーなど行わなかったのですから。
問題は抜け毛の中に、この「広汎性脱毛」で抜けてしまった髪の毛がどれ位占めているか?がポイントです。
抜け毛は男性では1日50本位と言われていますが度々見てみるのも発毛を行う上で参考になります。

毎日の発毛ケア

発毛ケアは、女性のスキンケアと同様に、毎日頭皮のケアを愚直に行うことが重要です。
発毛ケアは特別なことを行う、特別なことを行わないと髪の毛は発毛しない、と言う考えは間違いなのです。
毎日毎日、頭皮のケアを続けることで、頭皮は回復し、発毛させるスイッチが入る時があるのです。
そのスイッチが入るのが3ヶ月で来るのか、半年で来るのか、もしかすると2年かかるのか、個人差はあるのでしょうが、頭皮の状態が健康にならない限り、スイッチが入ることはありません。
では個人差とはどう言うものでしょうか?
それは「進行具合」や「今までの頭皮への負担」や「生活環境」、「体内面の原因」などによるのです。
現代は若い方でも薄毛になる方が多いですが、日々仕事でのストレス、日々インスタント食品などバランスの悪い食事、など髪の毛にとって日々マイナス要因を受けているためです。
そのため、日々発毛ケア、頭皮ケアを行う必要があるのです。
髪の毛が発毛するスイッチを入れるためには、頭皮の状態が良くなることが絶対条件です。
頭皮自体に健康な髪の毛を育てる能力がなければどんな手当てを行っても髪の毛は発毛しません。
しっかりとした地盤固めができていなければ、高性能な発毛剤を使用したとしてもうっすら産毛が生える程度で、栄養が行き渡らずすぐに抜けてしまうでしょう。
健康な頭皮を、毎日毎日日々のケアで復活させ、健康的な髪の毛が発毛する様に心掛けていきましょう。

発毛は生え代わり

抜け毛対策は発毛で髪の毛を増やすことにも深い関係があります。
しかし「抜け毛対策」と言うのは抜け毛の量を減らすことよりも、抜けた後にまた健康な髪の毛が生え代わることに力を注ぎます。
健康な髪の毛が生え代わるためには、栄養をしっかり吸収する健康な頭皮にする必要があります。
抜け毛を減らす手当てをしている人のほとんどは、実は抜け毛が減ったとしても髪の毛の量も減ってしまっていると言う現実があります。
やはり弱い貧弱な髪の毛を頭皮にとどまらせるより、健康な髪の毛へ生え代わるサイクル作りが大切なのです。
自然と抜け毛が増える季節があるのに、毛根の刺激、血流促進、皮脂の除去手当てなどにより、抜け毛が減った状態のままと言う状態は危険です。
本来の抜け毛は髪の毛の寿命が終わり、新しい髪の毛が生え代わる意味があります。
100本抜けてしまっても、そのあとに100本発毛してくれば良いのです。
その為に健康な頭皮を維持する、これが発毛の姿ではないでしょうか?
一日の抜け毛の平均的な本数は、男性なら10月~4月は50本前後、4月~10月は100本前後と寒い時期よりも暑い時期の方が髪の毛が抜けます。
犬などの動物と同じですね。
女性だと10月~4月は40本前後、4月~10月は80本前後です。
これ位の量の抜け毛は「普通」なのです。
抜け毛を数えることは難しいですが、間違った抜け毛手当てで、抜け毛が極端に減った状態であるなら生え代わりが出来ていないことになります。

清潔な頭皮

発毛や育毛を行う上で細毛や薄毛、もしかすると脱毛症を改善する必要があるのかもしれません。
他でも説明している様にステップを踏んだ発毛の手当てで頭皮を耕し、髪の毛が抜けても生え代わる状態にすることが必要です。
発毛とは頭皮を正常な状態に保ち継続することだと思います。
しかし発毛を促す上で頭皮を清潔にすれば良いと言われていますが、単純に頭皮を清潔にしようとする行為が発毛に繋がる訳ではありません。
市販のシャンプーや美容院や理髪店のシャンプーは、スタイリングや髪の毛の触り心地を重視しているので必要な皮脂まで取り過ぎてしまい、逆に皮脂の分泌量を増やしてしまうことが多いのです。
当然頭皮を痛めて弱ってしまいますので逆効果となります。
農家が健康な野菜を育てるのと同じで、除草剤などで除去するのは雑草だけです。
必要な栄養分や必要な髪の毛まで除去してしまう様な行為は行いたくありません。
頭皮と髪の毛の関係においては「頭皮料セリピッド」と「レストル頭皮用シャンプー」などを組み合わせて使用するのが効果的でしょう。
必要な皮脂を取り除かずに、本当の意味で清潔できれいな頭皮、髪の毛を保つことが出来ます。
頭皮、髪の毛を健康な状態に保ち、又、もうひとつ大切な体の内面を改善すれば、必ず発毛効果は現れると信じて手当てしましょう。
個人差や症状によって発毛効果が現れないとしても、健康な体作りが出来ると言うことは、他の意味でもあなたにとって良いことだと言えます。

発毛のステップ

発毛はじっくりと期間をかけて行うことをお勧めします。
焦る気持ちは分かりますが、薬局などですぐに発毛剤を購入し、使用することは逆に効果が現れるのが遅くなってしまう場合が多いのです。
発毛は、下記のステップで計画的に、頭皮や髪の毛の状態を確認しながらじっくり行いましょう。
頭皮の状態や個人差がありますので発毛剤や処方する薬もその都度選ぶ様にします。
やはり独学ではなかなか難しいので専門家のカウンセリングを受けながら、と言うことが一番良い方法と思います。
ステップ1:頭皮の回復
健康な髪の毛が生える第一条件は、健康な頭皮を保つことが必要です。
ほとんどの場合、頭皮が痛んで弱い髪の毛しか生えてこない状態ですのでしっかりと頭皮を回復します。
やはり手当てに使用する製品は症状によって異なりますが、4~6ヶ月ほど継続して手当てを行うと効果が現れるでしょう。
そうなれば、ステップ2に進めます。
ステップ2:発毛の手当てと発毛の加速
このステップから発毛剤などを使用して本格的に発毛を促します。
何度も言いますがすぐに効果が現れることはありませんので計画的にじっくりと、毎日手当てすることが重要です。
ステップ3:あとは継続あるのみ
髪の毛を発毛させる能力にも個人差がありますが、継続することで髪の毛は増えてきます。
しかし体調の変化や季節状況などでも見た目にあれっと思う時期が必ずあります。
もし頭皮の状態が悪いと思えば、ステップ1に戻る勇気も必要です。
しっかりした頭皮にこそ丈夫な髪の毛が生える、と言うことは常に意識していきましょう。

発毛の現実

抜けてしまった髪の毛を良く見てみましょう。
でも自分で抜け毛を見ても何も分かりませんよね?
何が原因で髪の毛が抜けてしまったのか、寿命が短いのか、以前と比べて細い毛になったのか。
ただ不安にかられて「毛根が・・」と発毛剤や育毛剤を乱用している場合が多いのでは?
発毛の現実はどうなのでしょう?
薄毛に悩む方が「希望する発毛効果」と「発毛の現実」とは大きなギャップがあります。
広告やコマーシャル、インターネットなどで報告されている発毛効果は一部の方の事例が多く、ほとんどの人にはなかなか効果が得られないのが現実です。
頭皮における皮脂の状態を考えてみましょう。
男性の場合、過剰な皮脂が原因で抜け毛や薄毛になる認識がありますが、毎日良くシャンプーしているのにもかかわらず、薄毛や若ハゲ人口が増加してのは、やはり原因が別にあるのではないでしょうか?
女性の場合、本来体質上、皮脂の分泌が多くなりません。
逆に皮脂量を増やす手当てが薄毛の原因になっている様です。
恐い話ですが、現代の20代の頭皮はひと昔前の40代位の老化した頭皮をしているそうです。
その頭皮から生える髪の毛も当然老化しているのですが、これだけ良いシャンプー剤や発毛剤、育毛剤がある中、現代の方が悪い状態であると言うことは食生活や生活環境であることは間違いないのではないでしょうか?
なかなか発毛の効果を実感するのは難しいことですがあきらめずに体や頭皮の状態を整えましょう。

発毛するにはまず頭皮の回復

早く薄毛を解消したいですが、発毛手当てを施す場合、いきなり「求める姿」を要求しても弱った頭皮や体がついてこないでしょう。
発毛や育毛の手当ては持久戦と言っても良い程、継続する事が大切で気の長い話です。
体を健康な状態に保ち、段階的に頭皮を改善することで細毛や薄毛をゆっくり手当てしていく。
発毛剤、育毛剤の使用による急激な環境の変化は弱った頭皮には最初は良くても持続しない結果となってしまいますので、やはりまずは頭皮を回復させて再構築することから始めましょう。
しっかりした地盤をつくり、発毛、育毛させていきましょう。
頭皮を回復することによって以下の2点の効果が現れるでしょう。
■髪の毛の生え代わりの正常化
悪い言い方ですが頭皮が弱っていて栄養を満足に運べない場合、生えてくる髪の毛も弱く、寿命も短いことがほとんどです。
それなのに健康な状態と同じ様に髪の毛が生えてくることを望むのは無理があります。
生え代わってくる髪の毛が本来と同じ健康な状態になるには頭皮を回復させることが必要です。
■頭皮を回復させることで発毛を成功させる
ステップとしては、まず頭皮を回復させる→回復した頭皮の状態を維持する→発毛を促す手当てを行う→継続して行う、ことでしょう。
薄毛や抜け毛には様々な要因がありますが、髪の毛が健康に生えてくるためにはまず頭皮の回復が一番始めのステップなのです。
発毛とは髪の毛が生えてくることですね。
髪の毛はどこから生えますか?頭皮が弱っていると弱い髪の毛しか生えてこないのです。

生え際の復活

薄くなった、後退した生え際を復活させる事はなかなか難しい事です。
そうなった原因を突き止め、対策出来なければ当然復活は出来ません。
個人差がありますので、一般的に気をつけなければならない事を勉強していきたいと思います。
前頭部の生え際は、髪の毛にとって悪玉の男性ホルモンであるDHTに最も侵されている部分です。
当然その対策にはDHTを抑制することが必要となります。
プロペシアなど人工的にDHTを抑制する発毛剤がありますが、副作用の心配が無いDHT抑制成分や栄養素がありますので参考にして対策してみましょう。
DHTを抑制する発毛剤は、それが目的ですので効果が表れるのも早く、効率的に効果が得られる場合が多いですが、天然ものを多く摂取することも必要と思います。
生え際を復活させる為には、その効果のある成分を摂取する事で体の内部からDHTの生成を抑制し、頭皮に直接塗布するタイプの発毛剤を使用するなど多角的な対処方法が有効と思われます。
男性ホルモンDHTを抑制するものとして以下の成分が良く知られています。
■体内部に摂取するもの
・ソーパルメット(天然)
・フィナステロイド
・亜鉛、ビタミンC、B2、B12
■頭皮に塗布するもの
・スピロノラクトン
・フィナ/デュタローション
頭皮や髪の毛にとって体内からの手当てと、直接頭皮へ塗布する事を併用する事で、より効果的に対策が出来ると思います。
但し、頭皮や髪の毛の為に無理をしたり、過剰な摂取や使用は体調を崩したり副作用の原因になりますので注意して下さい。

プロペシアの副作用

飲む発毛剤として話題のプロペシア。
販売しているのはアメリカのメルク社ですが、日本では2005年に輸入を開始しました。
プロペシアの効果としては、男性型脱毛症に限ります。
「ジヒドロテストステロン」(DHT)と言う成分が髪の毛の発毛や成長を阻害すると言われていますが、プロペシアの主成分であるフィナステリドがこのDHTの生成を抑制してくれます。
プロペシアは服用し始めるとすぐにDHTの生成を抑制してくれますが、髪の毛の成長はゆっくりとしているので、効果が目に見て分かる様になるには早くても3ヶ月、一般的には6ヶ月位かかると言われています。
又、効果が出てもそれを持続させる為には継続的にプロペシアを服用することが必要で、服用を中止するとDHTの生成が再び活発になり、増えた髪の毛はまた失われてしまうそうです。
飲む発毛剤と言う事で、私達日本人には歴史も浅く、薬害などの副作用が気になります。
報告されている副作用ですが、性欲の減退、勃起機能の低下、射精障害、精液量の減少、頻尿、排尿障害、頭痛、腹痛、下痢などが挙げられます。
当然、体の状態や個人差によって発症するのですが、副作用は服用を止めれば無くなります。
日本に輸入を開始する時に行う、承認審査時には副作用の発生率は4%であったと報告されています。
男性型脱毛症に限って効果がありますので、女性や未成年者は服用できません。
妊娠中の女性はプロペシアの砕けた破片に触っても胎児の生殖機能に影響がある場合があるので注意が必要です。

発毛剤の効く条件

発毛の手当てを行う場合、ハゲや薄毛となってしまった複数に絡み合った原因をひとつずつ突き止め、洩らさない様に対策する事が必要です。
今まで発毛剤、育毛剤を使用し続けてきても、あまり効果が表れない場合は、もしかするとまだ他に改善すべき原因があるのかも知れません。
いくら医学の発展や研究の成果により高品質な育毛剤、発毛剤が増えていても、残念ながら万能薬とまではいきませんが、発毛を実際に成功させている方もいるのですからあきらめずに手当てして頂きたいと思います。
しかし原因追求ものんびりしていると、脱毛は進み、もう手遅れとなる場合もありますのでスピーディーに自分に合った手当てをしましょう。
発毛剤、育毛剤の効果は、食生活や生活環境によっても差がでます。
規則正しい生活やバランスの良い食事を摂っている方は、頭皮の状態も血行も良く、発毛剤がより効く体が出来ています。
逆に乱れた食生活や夜遅く寝不足が続くなど生活環境も不規則な方は、例えばドロドロ血液で栄養供給も悪く、頭皮も荒れている場合があります。
こんな方の頭皮に発毛剤をたっぷり使用しても効果はあまり望めませんね。
2005年に発売された飲む発毛剤プロペシアも例外ではありません。
やはり頭皮、髪の毛に良い条件作りをする事が一番で、その併用として発毛剤を使用しましょう。
発毛剤を購入して使用する方は、本当に髪の毛の手当てをしたいと考えている方だと思いますので、良く理解して頂けると思います。

ステロイド剤の副作用

健康な頭皮は、発毛の手当てをする上で維持し続けなければなりません。
喫煙や寝不足、ストレスなど体に良くないことは頭皮にも良くありませんが、皮膚炎を発症してしまった場合、抗炎症剤(ステロイド)を使用して頭皮の炎症を抑える場合があります。
きちんと医師の処方を守って使用していればほとんど問題はありませんが、ステロイドには副作用がある場合があるので紹介しておきます。
ステロイド剤は使い方を誤ると次の様な副作用があると言われています。
◇皮膚が薄く弱くなる。
◇ニキビが出来易くなる。
◇皮膚が赤らむ。
◇皮膚の感染症になりやすい。
先にも記入しましたが、使用をする場合は必ず医師の指示に従いましょう。
症状が良くなったと言って自分の判断で使用を急に止めると、リバウンドで悪化する場合もあるそうなので注意が必要です。
風邪薬などと違い、自分の意思では使用を止めるのも判断してはいけない事を覚えておきましょう。
炎症を抑える薬には非ステロイド系もある様ですが、ステロイド剤の様に強力な効果は望めないので、これも医師と相談して決めましょう。
脂漏性皮膚炎などを発症した場合、一日でも早く完治したいのですが、頭皮における炎症は脂漏部位でもあり、完治しにくく、又、再発しやすいのです。
一度症状が治まっても安心して油断せずに、日常的に自己管理する事を勧めます。
特に不規則な生活環境は、脂漏性皮膚炎を悪化させますので規則正しい生活と食生活、十分な睡眠を心掛けて下さい。

脂漏性皮膚炎

発毛の手当てを行う上で、健康な頭皮は不可欠ですが、ここでは「脂漏性皮膚炎」について勉強したいと思います。
「脂漏性皮膚炎」は、生活環境、食生活、シャンプー剤、洗髪の方法などに問題があると、頭皮における皮脂が過剰に分泌され、発症する場合があります。
人間の体には頭皮の他に、皮脂の分泌が多い部位があります。鼻の脇や胸や背中の中央などがその部位で、脂漏部位と呼ばれています。
この部位に発症し易い皮膚炎が「脂漏性皮膚炎」なのです。
症状は様々で、ベトベトする場合や乾燥する場合があります。
もし既に皮膚炎を発症している場合は、皮膚科の診察を早く受けて処方して下さい。
「脂漏性皮膚炎」を発症する主な原因としては、毛穴から分泌される皮脂が頭皮の表面に蓄積されていくうちに、次第に分解され、頭皮には刺激性のある油分に変化します。
この刺激性のある油分が「脂漏性皮膚炎」の引き金となるのです。
「脂漏性皮膚炎」の治療方法
当然、きちんと皮膚科での受診、処方を勧めますが、下記の様な処方や対策が多いです。
1.抗炎症剤で炎症を抑える。
ステロイドなどの塗り薬を処方してもらえます。
2.皮脂の分泌を抑制する。
コーヒー、アルコール、糖分、脂肪分を控えます。
又、ビタミンB2、B6を多く摂取する様にします。
3.頭皮を清潔な状態に保つ
頭皮ケア用のシャンプーで、1日1回洗髪し、就寝前にはきちんと髪を乾かします。
枕カバーも常に清潔にします。
発毛手当てを行う上で、健康な頭皮である事は必須条件ですのできちんとケアを行いましょう。

発毛剤のタイプ

医学の進歩や研究の結果により、本当に様々な発毛剤の種類が発売される様になりました。
今までは不可能なことも、いつか可能にしてしまいそうな勢いです。
では、発毛剤のタイプにはどんなものがあるでしょうか?
残念ながら万能薬は無いので、症状や体質に合ったものを使用すると良いと思います。
■頭皮に塗布するタイプの発毛剤
良く聞く事のある「ミノキシジル」
大正製薬のリアップですが、脱毛における大きな要因である男性ホルモンの働きを抑制します。
男性ホルモンは、毛母細胞の活動を抑えてしまい、その結果、男性型脱毛症になると言われています。
又、ミノキシジルは毛細血管を拡張する作用があり、血流が良くなって栄養が運ばれ易くなる為、毛母細胞が活性化し、発毛を促進します。
種類に問わず、あきらめないで使用することが必要ですので最低でも半年は使用を続けましょう。
「リアップ」は生活改善薬として薬局などでも購入する事が出来ます。
■飲む発毛剤
飲む育毛剤は日本では歴史が浅く、近年の2005年に発売されました。
現在でも話題となっている「万有製薬プロペシア」ですが、一般名は「フィナステリド」と言います。
発毛剤を飲む内服薬から受ける印象は、体にとって害は無いのだろうか?と思いますが、効能としては男性ホルモンの生成を阻害し、髪の毛が抜けることを減少します。
これも飲んだらすぐに成果が現れるのではなく、個人差はある様ですが、半年以上の継続使用が必要です。
プロペシアもやはり万能薬ではなく、男性型脱毛症の治療薬です。

発毛剤の理解

薄毛となってしまい、発毛に悩む方が多いと思います。
育毛したくても発毛しないと育てられないと思いますよね。
発毛を行う上で使用する発毛剤。
現在では様々な種類のものが発売されています。
発毛剤と言う商品から受けとるイメージは、薄毛になった頭部に発毛剤を塗布することで、髪の毛がニョキニョキ生えてくると言った感じでしょうか?
しかし残念ながら、薄毛となってしまった前頭部や頭頂部から新しい髪の毛が生えてくると言うことはほとんどありません。
発毛剤や育毛剤とは、以下の様に解釈した方が良いと思います。
地肌が見えてしまっている頭皮を良く見てみると、少なからず産毛が残っています。
完全にツルツルになってはいない筈です。
発毛剤や育毛剤はこの産毛状態の毛髪を、太く長く成長させ、密度を増やして地肌を覆ってくれる手助けをしてくれると言った感じです。
発毛に成功し、発毛剤の使用前と使用後では明らかに毛が増えたと見える方でも、実際髪の毛の本数は増えてはいないそうです。
様々な要因で脱毛症となり、薄毛となってしまう方。
髪の毛が抜けてしまっても「発毛剤」と言う名称から新しく毛が生える!と勘違いして無茶な使用はやめましょう。
但し、生活環境や食生活、ストレスが影響して脱毛症となっている場合など、その環境を改善する事で回復する場合もありますので、自分の症状を良く確認して手当てする様にします。
間違った手当ては、脱毛症を逆に進行させてしまう場合も多くあります。