不眠症

不眠症の意味

不眠症というのは、読んだ意味のとおりなかなか眠れない症状、状態のことを指しています。
よく言うこととして、コーヒーやお茶などカフェインが入っているものを夜寝る前に飲むと眠れなくなるということがありますが、確かに眠れなくなる場合もありますが、不眠症で悩んでいる人のほとんどが眠れないということを気にして気にして、気にしすぎることによる神経症的なものであることが多いと思います。大体はストレスを過剰に感じている場合になる場合が多いです。
そのストレスというのは、例えば家族が死んでしまったり、仕事でトラブルがあったり、恋人と喧嘩したりなど、悲しみや不安を急に抱えてしまうと眠れなくなる場合があります。だいたいは時間がたったり、悩みが解決したりすると眠れるようになるものですが、中にはこのまま眠れなくなってしまうのではないかという別の不安が押し寄せてきてしまって、不眠症に陥ってしまうケースもあります。更にうつ病になったり、抑うつ的になったりするケースもあります。
また、不眠症の人の場合は昼間に起きているときに眠くなったりしますよね。そうして寝てしまうと夜寝る時間にまた眠れなくなったりするなど、悪循環に陥ってしまう場合もあります。
こういう不眠症を病院などで治療する場合は、睡眠薬などを処方されることが多いと思います。短期間服用するならかまわないと思うのですが、人間の体というのは薬とか定期的に行うことに関して慣れというものが生じるものです。ですから睡眠薬も飲み続けることによって、だんだん効果が薄れてきて量が増えてしまったり、強い薬に変えたりということになりかねなくなります。
ですから、お医者様とよく相談をして、不眠の原因を追究しそれに合う治療をしてもらうようにしていくのが不眠を健康的に治療していく方法なのではないでしょうか。

不眠症で病院に行く前に!

最近、不眠症や睡眠障害に関する悩みを抱えている人が多くなってきているようです。
自分一人で悩んでいて、病院に行こうかなと思った場合、何科に行けばいいか分からないなんて思って結局行けないとなってしまう場合も少なくないと思います。
いつも行っている病院があるのならそこで相談してみるのもいいと思います。色々アドバイスをしてくれると思いますし、場合によっては睡眠薬など処方してくれるかもしれません。
そうじゃないなら精神科や心療内科などを受診することをおすすめします。
いざ、行く病院が決まったら自分の不眠に関する症状をメモ書きでいいので洗い出しておくのもいいと思います。
整理する内容は、「眠れなくなったのはいつ頃からか」「原因はなんだと思うのか」「寝付くまでどれくらいの時間がかかっているか」などでいいと思います。
これをすることにより、自己カウンセリングしているのと同じになりますので、思わぬ原因や症状が思い付くかもしれません。
また、整理していくことで、病院での診察もスムーズに行えるようになると思います。
また、自分が眠っているときの様子などは自分では分からないと思います。家族が一緒に住んでいる場合は家族に寝ているときの様子を見てもらうなど協力してもらうようにしましょう。
このように、病院に行く前にある程度準備していくことで、焦らずに診察してもらうことが可能ですし、スムーズに運ぶことが出来ます。また心の準備もできると思います。

不眠症の原因と治療

不眠症に悩まされている人は意外に多いと思います。単純に1日眠れないと感じる不眠症状から、慢性的に不眠で悩んでいる不眠症までさまざまあると思います。
ですから、その不眠症を改善するためには原因を追究する必要があるのではないでしょうか?と言えると思います。
不眠症の原因というのはさまざまあると思うのですが、比較的原因がはっきり分かっているものというと、海外旅行に行った場合などに起こる時差ぼけなどがあります。これは環境の変化で起こるものです。また、リウマチなどの身体的痛みが伴う場合に不眠になる場合があります。
また、薬物の副作用、統合性失調症・うつ病などの精神性疾患からくる不眠症など、比較的分かりやすい原因のものもあります。
しかし、理由が分かっているものはいいのですが理由がはっきりしないものももちろんあります。それがストレスだと思うのですが、何かしらの原因でストレスを抱えてしまい眠れなかったりする場合があります。例えば心配事など考え込みすぎて眠れなかったりすることなどないでしょうか?そういう状態が慢性的に続くとものすごく体には負担がくるようになると思います。
この不眠症という病気を改善するには治療をすることも重要です。心身の病気が不眠の原因になっている場合はまず病気を完治させるようにすることが大切になってきます。また、心の病気の場合は心療内科など専門的な機関に行って対処してもらうようにするのが大切だと思います。

不眠症には種類がある

不眠症にはさまざまな種類があります。原因もさまざまですが精神疾患(うつ病、統合失調症など)や無呼吸症候群などの病気が原因となっている場合もあります。しかしもっとも多い原因としては精神的なストレス・緊張が原因となっているものだと思います。
不眠症が長期化すると大変な症状を引き起こしていくと思いますが、だいたいの不眠症に関しては一過性のものだと思いますので、悩みすぎず気楽にリラックスした状態で構えるのが早く治る秘訣だと思います。
【入眠障害】
不眠症の中でも一番多くの人が悩んでいる症状で、布団に入ってもなかなか寝付けない症状の事を指します。このタイプは寝つきが悪いですが、一度寝てしまうと朝まで起きないという傾向もあるようです。
【熟眠障害】
このタイプというのは、寝つきは悪くは無いのですが、眠りが浅いために熟睡ができません。ですから睡眠時間は長時間でも目覚めも悪く疲れが取れにくいのが特徴として挙げられると思います。
【中途覚醒】
夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。トイレにおきるのならばいいのですが、なんにも無いのに目が何度も覚めてしまうので、逆に疲れてしまうとか、そういう症状が挙げられると思います。
【早朝覚性】
朝、自分が思っている時間よりもかなり早く起きてしまってそのまま二度寝ができない状態の事を指します。特に寝付きも悪くなく、熟睡もしているのだけど長時間眠れないタイプの場合が多いです。
ご自分が不眠症ではないか?と感じたら、無理をせず悪化する前に専門の病院などで診断を受けるようにした方がいいと思います。

不眠症について

不眠症ほど深刻化はしてないけれど、なかなか寝付けない日が多いなど、不眠に関する悩みは今や5人に1人は症状を持っているのではないかと言われているほど多くの人が悩んでいるものだと思います。
不眠症の種類には以下のようなものがあるとされています。
「入眠困難」という寝付きは悪いけど寝てしまうと朝まで起きない症状のタイプ。
「中途覚醒」という寝付きはいいけど途中何回も目が覚めてしまって結局寝た気がしない症状のタイプ。
「熟睡困難」という眠りが浅く、睡眠時間が長い割には眠気が収まらない症状のタイプ。
「早朝覚醒」という自分が起きようと思っているずいぶん前に起きてしまい、そのまま眠れなくなってしまう症状のタイプ。
このような不眠症を引き起こす原因として、以下のようなことがあげられます。
仕事や学校、人間関係などでストレスや緊張を感じてしまい、神経が緊張してなかなか寝付けないなどの症状を引き起こしてしまう場合があります。
寝るときの環境が暑すぎたり寒すぎたり、明るすぎたり、枕が高すぎたり、外の音がうるさかったりなど寝るときの環境が悪いことが原因となる場合もあります。
お茶やコーヒーなどに含まれているカフェインは不眠を促す場合があるために、特に寝る前に摂取したために眠れなくなってしまうなどが原因の場合
など様々な種類や原因があります。自分が該当するかどうか見極め、きちんと判断をしてもらいよい対策をするように心がけましょう。

不眠症対策には足ツボマッサージ

不眠症対策として体を温めたり、リラックスしたりするのはとても効果的であると言われています。
その両方を兼ね備えている方法として足ツボマッサージなどがあります。
リフレクソロジーのお店にいってやってもらうのもいいですが、お風呂上がりに自分で15分くらいやるとかなり体が温まると思います。やり方としては、親指の腹を足裏にあてながら、痛いなと思うところを強すぎず、弱すぎずの力で押していくことです。足裏全体を強めに流していくという感じでしょうか。
しかし、注意しなければならない点もありまして、飲酒後や妊娠中、足の裏をケガしている場合は控えるようにしましょう。
また、対策として足ツボの他にアロマもあります。
アロマの香りにはリラックスやストレスを和らげたりする作用や、精油独自の作用があり、芳香浴など香りを嗅ぐだけで脳に働きかける作用があります。
寝付きをよくしたり、リラックスさせたりする精油など効果によって精油を選ぶのもいいのですが、その臭いが苦手な臭いだとしたら逆にストレスがかかってしまう場合がありますので、好きな精油を選びアロマポッドなどで焚き、寝室をいい香りにして眠りに着くようにするのはいかがでしょうか。即効性があるという訳ではないと思いますが、気分がいい状態で眠りにつくというのはリラックス効果が出ると思いますよ。
更に、アロマオイルを使って足つぼマッサージをすると、効果が倍になると思いますので是非試してみてはいかがでしょうか。

不眠症の原因と対策

不眠症になってしまう原因は、運動不足や寝すぎの場合もありますが、それだけではありません。脳が興奮状態にあると交感神経が活発化しているためになかなか眠れなくなってしまいます。それが短期間ならいいのですが、長期間続くと体も心も持たなくなってきてしまいます。
例えば、昼間仕事をしていて頭をフル回転させている場合、脳を一日中使っているわけですから家に帰ってからもなかなか休めることができにくいです。脳が休まらないと、リラックスの状態にならないために体は眠る体制に入っていてもなかなか眠れないということになります。
ここで大事なのが、脳を充分に休ませるために脳にもオンオフを切り替えさせるということです。その為にはリラックスすることが重要だと思います。好きな事をしたり、お風呂にゆっくり入ったり、アロマを焚いて芳香浴したりなど色々リラックス法はあると思います。それを行うことにより、自律神経のバランスが整えられ、副交感神経が活発化してくると思います。副交感神経が活発化してくると休む方向に体や脳が向いてくるので、自然と眠れるようになってくると思います。
この方法を取り入れたからと言ってすぐ効果を期待してはいけません。もしそれでも効かなければイライラしてきて、余計眠れなくなってしまいます。無理せず焦らずじっくりゆっくり治して行く様にするように余裕を持って対策をしていきましょう。
また、適度に運動をするなど、体を適度に疲れさせるのも不眠症対策に効果があると思いますよ。

起床時間による不眠症対策

現在、不眠で悩んでいる人は相当いると思います。その悩みの深さは思っているより深いと言えるかもしれません。
不眠症の種類には入眠困難と言う布団に入ってもなかなか寝付けない症状のものや、中途覚醒という夜中に何回か目が覚めてしまう症状や、早朝覚醒と言う、起きる時間が異常に早いという症状などさまざまあります。
この中でもなかなか寝付くことができない入眠困難の症状を訴える人が多いようです。
不眠症になる原因と言うのはさまざまあると思います。しかし生活習慣を少し改善するだけで、不眠症の症状が軽減されることもあります。
例えば丸一日体をあまり動かさずに、ぐうたら過ごしていたり、寝る時間も眠気に任せていたりするためについつい朝方まで起きていて寝て昼頃起きるなどしているのが日常だとします。
まぁこれは極端な例だとしますが、明らかに運動不足と寝すぎが見てとれます。
こういう状況の場合は、だらだらさが身に付いているため、夜なかなか寝付けなかったりする場合が多いようです。
で、運動すれば体が疲れて眠れるだろうと夜寝る前に運動をしても逆に体が興奮してしまって寝付けなくなってしまう場合があるので、同じ運動でも昼間にウォーキングなど軽めに行い、適度な運動をするように心がけましょう。
そうすることで心地よい疲れが得られると思いますので寝付けるようになるでしょう。
また、朝起きる時間をきちんと決めることで体内リズムが整えられ、夜寝るリズムも整えられてくると思いますのでぜひ生活習慣の改善から行ってみてはいかがでしょうか。

不眠症とアゴ

睡眠と言うのは、とても大切なものでしっかり取らなければならないものです。
現在、日本人の5人に1人というかなり多くの人がなんらかの不眠の問題で悩んでいると言われています。
不眠になる原因としてストレスや生活習慣の乱れなどさまざまなことが要因としてあげられると思いますが、そんな原因のひとつとして下アゴがずれていると言うことがあげられると言うことがあると言うのはご存知でしたでしょうか。
この下アゴがずれていると不眠にとっては、結構根本的な原因になっているようです。
不眠症と下アゴのずれなんて一見なんの関係もなさそうですが、実はそうでもないのです。
昔の人にはあまり見られることはなかったと思うのですが、今の人にとっては共通と言っていいほどの症状らしいのです。
どういう事かと言いますと、現代社会ではストレスなどがたまりやすく、食生活なども乱れがちです。そうなることで歯ぎしりする人も増えているようで、歯ぎしりをすると奥歯は押さえつけられるため本来の長さまで伸びることができません。
奥歯が短いと噛み込むのも深くなります。そうなると頬の筋肉が緩んでしまう形になります。
そこで登場するのが「交感神経」です。
交感神経は緩んでいる頬を緊張させるために脳に命令をだします。頬を緊張させるには、筋肉や神経も緊張させなくてはなりません。その状態が続くと言うことは、交感神経がいつでも活発化しているということになりますので、休まる時間がなく、眠れないということになります。
眠るために副交感神経を活発化させなくてはならないのでこのままだとダメですよね。
しかし諦めないでください。マウスピースなど専門のものを使うことにより症状を軽減することが可能になるようです。

不眠症対策して快眠を得よう!

不眠症で悩んでいる人は意外と大勢いると思います。対策があるのであれば対策して、快眠を得たいものですよね。
ここで、よい快眠を得るための対策法をご紹介したいと思いますので参考にしてみてください。
基本的に体を冷やしてしまうとぐっすり眠ることができません。
ですから体を冷やさないようにすることが大切になってくると思います。
冬であれば、暖房器具などで部屋を暖めたり、お風呂に入って体を暖めたり、薄着をしたりしないなどがいいと思うし、夏であってもクーラーをガンガンにかけすぎたり、薄着で眠ってしまうようなことをしたりするのを控えたりするようにすることが大切になってくると思います。
上記のようなことは体を外から守る方法ですが、体の内側から暖めるということももちろん必要です。
体の内側から温めるためには、食生活に気を付けなくてはなりません。できるだけ冷たいものや刺激があるものは避け、温かいものを摂取するようにしましょう。
また、お風呂に入るのも効果的です。熱いお湯に入るのではなく半身浴ができるくらいの温度でゆっくりあたたまりましょう。熱いお湯だと体が熱くなりすぎて逆に眠れなくなってしまう可能性があります。
体が温まると血行が促進され、気持ちもリラックスしてくると思います。
布団に入ってすぐ眠ることができるようになると熟睡もできるようになり、快眠へと繋がるようになると思います。ですから、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

不眠症治療について

不眠症に悩んでいる人は不眠症と言うのは何で起きるんだろうと思う人がいるかもしれません。
そう思う前にきっと、不眠症に対する色々な対策などを模索して実行しているのではないでしょうか。
色々な知識を入れたところで不眠症が解決したでしょうか?
ネットで調べて自分の症状に該当するかどうか自己診断したところで誤って診断する場合もあるでしょう。ですから自己診断は危険だと言うことも認識しておく必要があると思います。
みんながみんな毎日熟睡しているものではないと思います。色々な環境の変化なども加わって、不眠になる場合もあると思います。しかし、大抵の場合は一過性のものだと思うので心配する必要はないと思います。ですからこの場合の不眠症は病気とは呼べないと思います。
人間はあるパターン、習慣によって動いていると思います。睡眠もそのパターンが当てはまり通常はパターン通り行動されて行っているのですが、何かしらのストレスがかかった場合、パターンが狂わされ不眠に陥る可能性があります。それが一過性のものであればいいのですが、原因となっている事象が解決せず持続した場合、不眠も持続するようになりパターン化していくということになる場合があります。
不眠症がパターン化されると元に戻すには原因となっているものを排除する必要が出てくると思います。
こうなると不眠症は病気となってしまいますので、専門の機関に相談するなど正しい対処が必要になってくると思います。

不眠症の症状

不眠症と言うと単に「眠れない」症状なのではないかと思ってしまう方が多いと思いますが、不眠症の症状はこれだけではなく、実にさまざまな症状があるのです。
どんな症状があるか、下記でご説明したいと思います。
【入眠障害】
寝ようとして布団に入ったにもかかわらず、何時間も眠ることができない症状を指します。こういう寝付きがよくない症状を入眠障害と言います。
単に1日眠れない日があったからと言ってそれが入眠障害に値はしませんが、布団に入っても1時間以上眠れないと言う症状が1週間以上続いているというのであれば入眠障害の可能性が高いです。
眠らなきゃ眠らなきゃと思うと余計に眠れなくなる悪循環に陥る可能性もあります。
【熟眠障害】
寝付きはいいのですが、夜中に何度も目が覚めてしまい、眠りが浅くなってしまって熟睡できないのがこの熟眠障害という症状です。途中で目が覚めるとこを中途覚醒と言いますが、目が覚めていることに気付かない人もいます。
で、昼間、夜あんなに寝たのに眠いと感じてしまうようになります。
【早朝覚醒】
朝、本来起きる時間ではなくもっと早くに目が覚めてしまう症状を早朝覚醒と言います。
この症状は一度目が覚めてしまうと、寝られなくなってしまいます。
お年寄りの方によく見られる症状です。
上記のような症状が1週間以上続くようでしたら、不眠症の可能性がありますのでできるだけ早いうちに専門のお医者さんなどで診察してもらうのがいいと思います。

睡眠薬以外で不眠症治療

不眠症の治療というと、なんとなく睡眠薬を使って眠らせてしまうという薬物治療が主流なのではないかと思ってしまいがちですが、薬物に依存するのは嫌だと感じる人もいると思います。ここでは薬物を使わなくてもできる不眠症対策の治療方法をご紹介したいと思います。
まず、睡眠による環境を整える必要があると思います。食生活や生活リズムなど不規則になりすぎずによい方向に整えていくようにしましょう。自分で思い当たるリズムの悪さなどを思い返し、一つ一つ改善していくことが不眠症対策に繋がってくると思います。
次に、リラックスすることが大切です。神経質な人、思いつめるタイプの人は特に不眠症になりやすいと思いますので、心身のリラックスをするように心がけましょう。リラックス法ですが、自分の好きなことをしたり、お風呂にゆっくり入ったり、お医者さんに指導してもらった方法を試してみたりなどさまざまあると思います。
仕事上、昼夜が逆転して生活している人も多いと思います。こういうように時間帯がずれてしまっている人の治療方法として高照度光療法という方法が用いられることがあります。これは生体リズムを意図的にずらしていき、本来のリズムに戻していくという方法です。人間の体内リズムというのは、太陽光という光が大きく関係しているために、こういう方法を使用してリズムを通常の状態に戻していきます。
このように、薬物を使わなくても治療できる方法はありますので、お医者様に相談をしてみるようにすることをお勧めします。

リラックスして不眠症を乗りきりましょう!

不眠症と言うのは寝れない寝れないと考えて眠ろうとすると、余計に眠れなくなってしまうという悪循環に陥ってしまう傾向があります。
そういうようにならないよう不眠症対策のためにリラックスできる方法をご紹介してみたいと思います。
この方法はとても簡単に実践できるものなので、ぜひ試してみてください。
【数を数える】
昔、眠れないとき「羊が1匹、羊が2匹…」と羊を数える方法がありましたが、基本的にはそれと同じです。ただし、単純に数を数えていくわけではなく、ちょっとだけ変化を加えてみます。例えば3の倍数を数えていったりとかします。
単純に頭をつかうようなゲーム性があればいいかなと思います。あまり難しすぎると逆効果になりますので気を付けましょう。
あとは数えていくリズムも大切です。なるべく一定のリズムやトーンで数えるようにしましょう。
【今日の出来事】
今日起こった出来事を映画でもみるように、客観的に思い出しながら映像にしていってみましょう。
まるで自分を後ろから見るようなイメージでしょうか。耳詮しているみたいに音は思い出さなくても大丈夫です。
そういった状況でゆっくり、30分~1時間位かけて一日を振り返るようにしてみてください。そうすると以外に眠気に襲われてくるようになるかもしれませんよ。
意外だと思うかもしれませんが、こういうようにリラックスしながら単純にできることをやっていくのも意外と不眠症対策には効果的だと思いますよ。

食事で不眠症対策

不眠症を改善するためには、生活習慣の改善、リラックス、病院での治療など方法はさまざまあります。
ここでは、食事で不眠症改善に繋がる方法をご紹介してみたいと思います。
【牛乳】
牛乳には神経過敏によるイライラなどを抑えてくれる効果があるカルシウムが含まれていたり、セロトニンという眠りに導かれるように脳を作用する働きがある成分が含まれていたりするために、不眠症には最適の食品だと思います。
不眠症改善の用途で飲むのであれば、寝る前に温めて飲むようにすることをおすすめします。
【セロリ】
苦手な人も多いとは思いますが、あの独特の臭いが高ぶった神経を鎮めてくれる作用があります。
摂取方法ですが、そのまま食べてもいいですが、できれば臭いも一緒に嗅いでほしいため、セロリを摺り、蜂蜜と熱湯に入れてお飲みください。
お好みによってウイスキーを入れてもいいと思います。
【豚肉・乳製品】
精神的に安定させる作用や、睡眠を促してくれる作用があります。
比較的摂取しやすい食材なので積極的に摂取するようにしましょう。
【レタス】
レタスには催眠作用、鎮静作用があるために不眠症に効果が期待できるとされています。摂取量の目安としてはだいたい4分の1位です。ただし生のレタスを寝る前に摂取すると逆に体が冷えてしまう可能性があり、眠れなくなってしまう場合がありますので、寝る前の摂取量は控えるようにしましょう。
効果には個人差があると思いますが、不眠症で悩まれている方はぜひ試してみてください。

不眠症になるきっかけ

不眠症というのは、ちょっとしたきっかけでなってしまう可能性があります。
ある人が不眠症で悩んでいて、不眠症の原因はストレスなのではないかと思っていたけど、よくよく考えてみたら不規則な生活リズムに原因があるのではないかと判明したそうです。
どういう事かと言うと、例えば普通のサラリーマンが、一定時期仕事が忙しくなり、徹夜なんてことになったとします。やっと仕事が終わって家に帰り、朝方さぁ寝ようと思ってもなかなか寝付けない状態になってしまう。
体は眠いはずなのに、いつもは起きている時間だから脳は起きている。だから眠れないという感じになってくるようです。
ですからよく「結局夜まで起きていて普通に寝たよ」なんて言葉を聞くのもこういった状況になるからではないかと思います。
かと言って起き続けたからと言って何かやっても頭に入らないとは思うのですが。
このようにちょっとしたきっかけで不眠になってしまう可能性があります。この状態を放っておくと不眠症の症状が進んでしまって改善も難しくなる場合がありますので、ちょっとした工夫から改善していくようにするところから始めてみてはいかがでしょうか?
まず自分が不眠症かな?って自分で感じたとき、とりあえず目を閉じるようにしましょう。
実際には眠れないかもしれませんが、眠れなくても、体だけでも横にして休めるようにすると疲れがだいぶ和らぐのではないでしょうか。それだけでも気分的に大分違ってくると思います。

不眠症になる原因

不眠症になる原因として以下に記述してあることが主な原因としてあげられると思います。
【環境による原因】
眠るときの環境によって起きる原因です。例えば夜中家の外で工事などが行われていて、うるさくて眠れないとか、熱帯夜など暑すぎて眠れないとか、一緒に寝ている人のいびきや歯ぎしりがうるさくて眠れないとかあげられると思います。
こういう生活環境に原因がある場合、あまり悩みすぎてしまうと悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。
また、これ以外には引っ越したばかりで落ち着かず眠れない、旅行で枕が変わって眠れないなど一時的な原因による不眠であれば慣れれば治ると思いますので心配いらないと思います。
【生理的なことが原因】
海外旅行で見られる時差ぼけや、2交代、3交代などで勤務がいろいろな時間帯で働かなくてはならない場合など眠るときのタイミングが変わってしまい眠れなくなってしまうケースがあります。
一時的なものでしたら、まだいいのですが、症状が酷くなるようでしたら環境を改善してもらうなどの対策をしてみるようにしましょう。
【心理的なことが原因】
悩みや心配事、ストレスが原因で不眠症になる場合があります。
考えすぎることで不眠症自体が悪化してしまう可能性がありますので、なるべく考えすぎないようにすることが大切になってくると思います。
【器質的なことが原因】
睡眠時無呼吸症候群など、体になんらかの症状がでていることが原因となり不眠症になる場合があります。
【精神的な疾患が原因】
うつ病など精神科を必要とする病気の場合、不眠症の症状を伴う場合があります。

不眠症対策・即効性

人間誰しも「どうしても眠れない」なんて言う日はあると思います。慢性化している状態はともかくとして、突発的に起きる不眠でもとてもイライラしてしまうものだと思います。
ここで、即効性がある不眠症対策を覚えていればかなり役にたつと思いますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
軽めの不眠症なら効果が出るのも早いと思います。しかし、対策をとらずに放っておいてしまうと慢性化してしまって治りにくくなってしまいます。そうなる前に対策をしていくようにすることも大切になってくると思います。
実は不眠症はちょっとしたことがきっかけになって起こることが多いです。この「あれ?眠れない」と思った早めの時点で対策をすることで、またすぐ元の眠れる生活に戻ることが可能になります。
では、即効性がある対策方法をご紹介してみます。
・枕を抱えることによりお腹の辺りに安心感が出てくるので眠れる可能性があります。
・ホットミルクなど温かい飲み物を摂取することも効果があります。くれぐれもコーヒーなどカフェインが入っているものは摂取しないようにしましょう。
・適度に運動をして体を疲れさせることも効果があります。注意点はほどほどに運動をするということです。やりすぎは厳禁です。
上記のような事を実行すると効果があるようですが、もちろん効果には個人差がありますので、自分にあった対策法を見つけるようにしましょう。
そうすることでいざと言うときに対策が役にたち、眠れるようになると思いますし、自分にはそういう対策法があるという安心感を持つことで入眠を誘発することもできると思います。

不眠症対策を考えてみましょう

不眠症と言うのは、日本人の現代社会において数人に一人がなんらかの睡眠に関する悩みを持っているほど重要な問題を抱えています。
たかが眠れないくらいとは考えないでください。深刻化してきて眠れないと体の疲れをとることができず、慢性的に疲れるようになってしまったり、色々なところに症状がでてくるようになったりするので軽視はできないのです。
症状が悪化する前に対策をしなければならないと思います。
では不眠症の対策とはどういう方法があるのでしょうか。
だいたいですが大きく分類してふたつの方法があると思います。
片方は「眠れるようになる」ための対策方法、これはとりあえずの対処方法ですが、うまく行くと完治にも繋がってきます。
例えばリラックスできるようにアロマオイルを焚くとか、好きなことをするとか、寝る前に温かいものを飲むのもいいでしょうし、お風呂に入って体を温めるのもいいと思います。
もう片方は「不眠症の完治」という根本的に治療する方法です。病院で不眠症に対する治療を受けたり、精神的に落ち着かせるように自律神経のバランスを整えるようにしたり、根本的に治していくようにしていく方法です。
どちらを選択してもいいと思います。前者の方法で改善が見込めるならそれでもいいでしょうし、ダメなら後者で対策してみるのもいいと思います。
また、合わせて対策するのもいいと思います。
不眠症は一時的なものを除き、悪化してしまうとなかなか治すことが難しい症状だと思いますが、完治できない症状ではないと思います。諦めずに、かつ気楽に対策をしていくのがいいのではないでしょうか。

隠れ不眠症はいっぱいいる?

ちゃんと毎日寝ているのに、昼間眠いとかダルいとか感じたことはありませんか?
時間数もちゃんと適正時間寝ているのに眠いと感じるのは眠りが浅いからかもしれません。
これは不眠症のひとつだと思われますので、体の疲れも取れないし、脳も休まらないまま睡眠を取っている状態になります。
なぜそういう状態になるかというと交感神経が関係していると言うことになると思います。交感神経と言うのは脳や体を働かせるために活発に動きます。逆に夜は脳や体を休ませるために副交感神経が活発に動きます。
昼間、働きすぎたり運動しすぎたりすると交感神経が興奮してしまい、休めなくなってしまって副交感神経に働きを変えることができず、眠りを妨げる原因となってしまうのです。
交感神経が働きすぎてしまう原因は主にストレスだと言うことです。また、カフェインも交感神経を強制的に働かせる作用がありますので、不眠症じゃないかと感じている方はできればカフェインなどは摂取しない方がいいのではないかと思います。
眠りが浅い人の対処方法として挙げられるのが「質より量」です。質がいい睡眠を得るのが難しければ長い時間を睡眠にあて、量を得るようにしましょう。
眠りが浅い人は寝ようと思うと半日でもそれ以上でも寝ることが可能です。これは脳や体が、睡眠が足りないと感じているからで、量で補っていこうとしているからなのです
大丈夫です。寝過ぎたからと言って死ぬわけではありません。
朝起きて体がダルいなと感じている場合は思いきって寝てみてはいかがでしょうか。

不眠症対策・カフェインについて

よく、寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるよと言う言葉を耳にしますが、あながち嘘ではありません。
コーヒーはお茶などに含まれているカフェインが体や気持ちを興奮させる効果があるために、摂取すると眠れなくなってしまう可能性があると言うわけです。
また、香辛料や唐辛子なども眠りを妨げる可能性がありますので摂取する際には充分に気を付けるようにしましょう。
毎日コーヒーを飲むのが日課になっている人とかには辛い話しかもしれませんが、不眠症で悩んでいる場合は半年~1年はカフェインの摂取を控えてみてはいかがでしょうか?
また、自律神経失調症にも支障をきたしている場合、1年~2年は摂取しないようにしてみましょう。かなり辛いとは思いますが、不眠症を治すためですので頑張りましょう。
また、どうしてもコーヒーやお茶が飲みたくなったら最近はカフェインレスのものもありますので、そちらを試してみてはいかがでしょうか?
不眠症の人がカフェインの摂取を止めてみることで、動悸がなくなったり眠りが早かったり、深くなったりを実感することができると思います。
不眠症が改善されることで、かなり肉体的にも精神的にも楽になれると思います。
カフェインはコーヒーだけでなく、お茶、紅茶、ココアなどに含まれています。一番いいのは水を飲むことですが、それだと味気ないのでカフェインレスの飲み物を探して飲むようにしましょう。
また、冷たい飲み物は内臓に負担をかけ、睡眠の妨げになる可能性がありますのでできるだけ控えた方がよさそうです。

不眠症対策・興奮

不眠症対策として大切な事をご紹介してみたいと思います。
昼間に興奮するような事をすると不眠になる場合があります。
興奮と言っても、仕事を根詰めてやったり、スポーツをしすぎたりなど身体にストレスを強く感じたりすると、心身共に興奮してしまう場合があります。このように興奮した状態ではなかなか寝付けなくなってしまうパターンが多く、安眠できなくなってしまいます。
通常、安眠できている方なら一回くらいそうなっても大丈夫かもしれませんが、自律神経失調症を煩っている方、うつ病を煩っている方など自律神経に負担がかかっているような人は交感神経が興奮してしまうように活発化するとなかなか収まってくれないため、不眠も続いてしまうと言うことになります。
昼間に興奮するような事をしていたとしても、その胸がザワザワするような感覚を夜になっても感じてしまって収まらなくなります。
こういう状態になると脳が眠れない、休めない状態になります。
不眠症になってしまうということになります。
改善策としては昼間できるだけ心身が興奮状態にならないように心がけることが大切になってくると思います。
また、体を寝る準備を早めにすることも大切になってくると思います。通常不眠症ではない人が寝るぞと布団に入ると交感神経が活動を弱め入眠するのですが、不眠症の方は交感神経が活動を弱める時間がものすごくかかってしまうために、なかなか寝付けなくなってしまいます。
ですから、脳を休ませる、体を休ませるのを早めに準備するためにリラックスするよう心がけるようにすることも大切になってくると思います。

不眠症対策

不眠症の仕組みについて学習してみたいと思います。
不眠症には大きく分類して3つの種類に分けることができます。
【1.入眠困難の不眠症】
この不眠症は布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、まったく眠れなかったりする症状の不眠症です。
【2.中途覚醒の不眠症】
この不眠症は眠れるのは眠れるんだけど、夜中に何度も目が覚めてしまって結局眠れなくなってしまうような症状の不眠症です。
この場合はどんなに睡眠時間が長くても熟睡しているわけではないので、体がだるかったりボーッとしたりする可能性があります。
【3.早朝覚醒の不眠症】
この不眠症はどんなに遅く寝ても朝早くに目が覚めてしまうという症状の不眠症です。起きる時間は個人差がありますが、3~5時位には起きてしまうのではないかと思います。
上記のような不眠症の分類では一つだけ該当する人もいるし、全部に該当する人もいます。症状は重なれば重なるほど重いと言っていいでしょう。
しかし、不眠症の人は自律神経のバランスも崩している場合が多いので交感神経が興奮してしまうために不眠症になってしまうというパターンが多いかもしれません。
不眠症がものすごく酷い場合、脳に障害がある可能性もありますので、あまりにもおかしいと感じたら脳外科の受診をしてもらうことをおすすめします。
自分で改善できる不眠症と出来ない不眠症がありますので、少しでも変だなと感じた場合は専門のお医者様に相談してみましょう。

不眠症の治療

ここでは不眠症の治療についてご紹介してみたいと思います。
まず、認識してほしいことは不眠症とは永久に続くものではないと言うことです。「眠れない。眠れない。」と不眠症のことを考えれば考えるほど余計眠れなくなってくるものです。
しかし、治るものだと思うと気持ちにも余裕がでてきていい方向に進む可能性があります。
不眠症を改善していくためには生活面の改善が大切になってきます。それでも不安だと思う方は病院での治療を併用するなど、適切な対応をしてみるなどしてもいいと思います。
それではどうやって生活面の改善をしていくかと言うと、簡単に言うと眠りやすい環境を作るようにしましょう。
暑すぎたり寒すぎたりすることが原因であれば温度調節をしてみる。明るすぎるのであれば遮光カーテンを使用するなど光の調節をしてみる。
など、不眠症の原因になっていそうな事を排除していくようにしましょう。
また、眠れない原因がストレスから来ているのであれば、ストレスを解消するためにも音楽を聞いたり、お風呂に入ったり、趣味に没頭してみたりするなどしてリラックスするよう心がけてみましょう。
上記のように生活面を改善してみてもまだ、不眠が続くようであるのならばお医者様に相談してみましょう。
病院による治療になると精神面を治療すること、薬によって治療することが主な治療方法になります。
薬だと主に睡眠薬が処方される場合が多いですが、用法や容量など医師の指示を聞いて服用することが大切です。

タイプ別不眠症

不眠症にはさまざまなタイプがあります。どういうタイプがあるのかここで少しご紹介してみたいと思います。
【寝つきが悪い】
いざ寝ようとして布団に入ってもなかなか寝付けないタイプを、入眠障害タイプと言います。しかし、このタイプは一度眠ってしまうと朝まで起きない場合が多く、不眠症に一番多いタイプと言えます。
【眠りが浅い】
ちょっとした物音で目が覚めてしまうなど、眠りが浅いタイプを熟眠障害タイプと言います。
割りと神経質な人に多いタイプで、高齢者の方にも多いタイプです。
【朝早く目覚める】
どんなに遅く寝ても朝早く目覚めてしまうタイプを早朝覚醒タイプと言います。
起きてしまうとなかなか二度寝などできなく眠れなくなってしまう傾向があります。
比較的高齢者の方や躁うつ病の方に多い症状だとされています。
【寝ている途中で起きる】
夜中に何度も目が覚めてしまって結局眠れなくなってしまうタイプを中途覚醒タイプと言います。
この状態を繰り返すとトータル的には長い時間寝ているのに、熟睡ができていないために寝た気がしない、体がダルいというのが特徴です。
不眠症と言うのは身体の不調からくる場合も多いです。
また、不眠症が続くと動悸、息切れ、めまい、頭痛、疲労蓄積など体調を崩したりイライラしたりして体にも負担がかかるようになります。そうなってしまうと日々の生活にも支障が出てきます。
そうならない為にも、体調を治すようにするなど、体にも気を付けるようにすることが大切だと思います。

不眠症の原因とは

不眠症というのは辛いものだと思います。
その不眠症の原因とはいったいなんなのでしょうか?
【体調不良が原因】
風邪など熱があるときや、かゆみがある場合、また咳をして止まらない場合など体調が悪く、体に不快感があるときなど不眠になる場合があります。
【無呼吸症候群】
上記の体調不良の部類に入るかもしれませんが、寝ているときに呼吸が止まることがあり、それにより目が覚めてしまったり熟睡できなかったりします。
上記二つが原因の場合はまず病気を治療することから始めることがいいと思います。
【環境の変化】
旅行に行って枕が変わって眠れないとか、海外に行って時差ぼけで寝付きが悪いとか、そういった環境の変化に伴って睡眠に問題がでてくることがあります。
また、夏の夜、暑すぎて眠れなかったり、電気を付けているところで寝ると明るすぎて寝られなかったりするのも同じです。
【精神的】
うつ病など、精神的な疾患による不眠があります。うつ病の症状には不眠があげられるほど深く関係があります。対策する場合には心療内科など専門のお医者様に通うなどすることをおすすめします。
【ストレス】
ストレスが溜まることによって不眠になる場合があります。
ストレスは悩みごとやイライラ、緊張などから引き起こされるもので、続くと不眠症になってしまう可能性があります。
このように不眠症の原因にはさまざまなことがあります。ご自分の症状、原因を理解した上で対処するようにしましょう。

不眠症の原因

不眠症になってしまうと本当に辛いものです。眠りたいのに眠れない、そうなるとイライラしてきてしまう。色んな意味で弊害が出てきてしまいそうです。
いったい何が原因で不眠症と言うのが起きてしまうのでしょうか?
下記に考えられる原因を記述してみますので参考にしてみてください。
【環境による原因】
外の音がうるさかったり、暑すぎたり、寒すぎたり、一緒に寝ている人のいびきがうるさかったりなど周りの環境が原因で寝られない場合
【心理的な原因】
悩みごとや心配事などがあり、それを考えてしまって眠れなくなってしまう場合
また、ストレスを抱えている場合でも起こります。
【精神性疾患が原因】
精神科などを必要とする病気を患っている場合(うつ病や不安障害)、精神的に眠れなくなってしまったりすることがあります。
【生理的な原因】
看護婦のような昼夜の二交代や三交代の勤務みたいに昼夜メチャクチャな勤務で体内時計が狂いそうな生活の場合、海外旅行などで起きる時差ぼけの場合など生活リズムが崩れた場合
【その他、器質的な疾患が原因】「睡眠時無呼吸症候群」や、「むずむず脚症候群」などなんらかの原因で体が上記のような症状を起こす場合に不眠になる場合があるようです。
上記に挙げたのはほんの一例に過ぎませんが、該当する人で不眠症だと感じている方は専門の機関に行き、診断を受けることが早期対策の鍵になると思います。決して自分は大丈夫と過信しないようにすることも大切なことです。

不眠症を対策して快眠を!

不眠症で悩んでいる方は大勢いると思います。不眠を改善して快眠を得たいと思っている人は大勢いるはずです。ここではその対策方法を少しご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。
不眠症対策には寝る前に温かい飲み物を飲むのがいいと思います。その中でも一番のお勧めの飲み物は「生姜湯」です。しょうがには体を温める作用、精神的に落ち着く作用、眠りを誘う作用がありますのでお勧めです。
そのまま飲むとちょっと飲みにくいので、生姜をすりおろしたものを熱湯にいれ、砂糖やハチミツで味を整えて飲んでみてください。また、寝酒も睡眠を誘うのでいいという話はよく聞きますが、これはたまにやるからいいのです。毎日飲んでいたら体も慣れてしまうので量がだんだん増えていくことになり、結果体を壊してしまうという事になりかねません。注意して飲むようにしましょう。
次にお勧めのリラックス方法としては、快眠対策グッズを使用することです。グッズというと購入しなければならないとか、お金がかかるとか思いがちですが、比較的安くできるのが湯たんぽです。使い方としては、太もも、お尻、腕のあたりなどリンパ節が近くにあるところを温めるようにすることが重要です。昔から言われている足先だけ温めてもあまり効果はありませんのでご注意ください。
最近は、低反発のマットやヒーターがついているものなども市販されているようです。ご自分の症状、お財布と相談した上で購入するようにしましょう。決して無理して購入しないでくださいね。それがストレスになる可能性もあるので。

睡眠障害に属する不眠症

睡眠障害には、色々な分類があります。どういった種類のものがあるのか説明してみたいと思いますので参考にしてみてください。
【不眠症】
睡眠に関する開始(寝つき)とか、睡眠の維持(途中でおきてしまう)とかが難しく、それが障害となっている状態の事を指しています。
【過眠症】
夜ではなく、昼間に眠気が強く眠ってしまい、一度寝てしまうとなかなか目を覚ますことができなくなってしまう状態の事を指しています。
【リズム】
睡眠というのは、朝起きて夜寝るという24時間の周期の中でリズムがありますが、このリズムが崩れてしまい、夜眠れなくなってしまう状態の事を指しています。
【不眠】
夜寝ているときに、悪夢や夢遊病など睡眠中に起きる事によって睡眠そのものが邪魔されてしまう状態の事を指しています。
このように、さまざまな睡眠障害のパターンがあると思いますが、ここでは不眠症に関する症状の事に関して説明します。
不眠症には一過性不眠、短期不眠、長期不眠と種類がありますがそれぞれ心配度や症状が違います。一過性不眠は海外旅行に行って時差ぼけで眠れない、今日は暑すぎて眠れない、旅行で枕が変わって眠れないなど一時的な環境の変化によって起こるものを指します。この場合は一過性のものなので時期に治ると思います。
そのほかには、眠れない症状が1~3週間ほど続くものを短期不眠、1ヶ月以上続くものを長期不眠といいます。長期不眠の場合は専門のお医者様へ行ききちんと治療をしてもらうようにすることをお勧めします。
どちらにしても、早めの対策をするのがいいと思います。

不眠症とは!

不眠症とは昨日1日寝付きが悪かったから、眠れなかったからなるものではなく、慢性的に熟睡できなかったり、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、朝までに何回も目が覚めたりするような症状が続いていることを指します。
近年、不眠に関する悩みを持っている人が急増しているようです。不眠症で悩んでいる人はもちろん不眠症でなくても不眠に関する悩みを持っている人はその倍はいるんじゃないかとされています。
それくらい今、不眠とは問題視されているものなのかもしれません。
では、不眠症の定義ですが、単純に7時間寝ているからと言って不眠症じゃないと判断はできないとされています。
7時間寝ても本人は熟睡できなかった、安眠できなかったと感じる人もいるし、3時間位の睡眠でも熟睡できた、安眠できたと感じる人もいます。こればっかりは個人の感じ方次第なので個人差がでてきます。
ですから不眠症かどうかの判断は個人の感じている様子から判断して診断しているという形になっているようです。
不眠症と言うのはただ『眠れない』という症状と言うわけではなく『病気』になります。放っておいてしまうことで体が慢性的にだるさを感じてしまったり、日中居眠りをしてしまったりなど、さまざまなことで弊害をもたらせることになってしまいます。
また、寝よう寝ようと頑張ってみることで意識してしまい余計眠れなくなってしまったり、他人に相談してみたところで「気にしないのが一番」「自分の気持ち次第」などと言われ、余計気になって眠れなくなってしまったりしてしまいます。
本人にとってはかなり深刻な問題になっていきかねないのが『不眠症』なのです。